西武の和製100打点カルテットを期待してもいいかな?

西武ライオンズ

いやー、西武も最近好調なのに、ソフトバンクが強すぎで5連勝。追いつけそうで全然追いつけない展開。ソフトバンクからしてもなかなかマジック点灯できない状況が続いています。

さて、西武が好調の要因は、間違いなく絶好調の打線だと思います。昨日9/6時点の個人成績を見て下さい。

打率、打点、本塁打、安打数、盗塁数のどれをとっても西武の選手が1位。西武の選手でバラバラ5冠王達成できそうです。この成績なのに何で首位になれないのかが不思議ですわ。

野球の楽しみは、もちろんチームが優勝に向かって応援することですが、個人成績やチームの記録についても目が離せないですよね。史上初☓☓☓達成とか、何人目のノーヒットノーランとか、あと1本ヒットで球団記録達成とか言われると、ついつい興奮してしまいます。

昨年もそうですが、今年の西武打線も非常に魅力的で、「またおかわりが満塁ホームラン!」「浅村が抜けても衰えない山賊打線」「ダブルチャンス打線」「ダブルクリーンナップ打線」などなど、西武打線についてのネタが途切れないほどです。今年も色々な記録を達成して欲しいですね。

スポンサーリンク

個人的に達成して欲しい記録

西武の選手でバラバラ5冠王

1人の選手が5冠王ということではないので、記録には残るかわかりませんが、ぜひ達成して欲しいですね。打率の森、打点の中村、ホームランの山川、最多安打の秋山、盗塁王の金子。タイトルをとる選手が5人もいるスタメンは、たとえ西武ファンじゃなくてもわくわくする打線かと思います。

ちなみにキャッチャーでの首位打者は、過去に3人のみが達成しており、パ・リーグでは1965年のノムさんこと野村克也以来の大記録になるそうです。

中村剛也の3割30本100打点

今年の中村剛也は強すぎですね。特に今年は満塁でのチャンス強さが際立っています。

ここ最近でも、
9/4 満塁ホームラン
9/5 走者一掃ツーベース
9/6 満塁ホームラン

昨日満塁ホームランを打った時を思わず「嘘でしょ」と言葉がもれました。ここまでの満塁の成績は、打率.531(32-17) ホームラン4本 打点49、まさに中村こそが満塁男だと思います。データだけ見るからには、満塁時も敬遠した方が安全という結果です。

さて打点は文句なしですが、中村の打率は.291、ホームラン28本。あと少しで3割、30本。36歳という大ベテランがキャリアハイの成績を残せたら感動ものですね。

和製100打点カルテット

個人的に一番達成して欲しい記録は、和製100打点カルテットですね。中村と山川はすでに打点100点超え。森は92点、あと8点。外崎は87点で、あと13点。残り試合はあと16試合あるので、決して達成できない記録ではないかと思います。

過去には2003年に、ダイハード打線として知られている福岡ダイエーホークスの最強打線から、井口、城島、松中、バルデスの4人が100打点超えという100打点カルテットが達成されました。

今回は、4人とも日本人の和製100打点カルテット。もし達成すれば史上初とのこと。優勝争いも目が離せませんが、これらの記録にも注目していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました