Amazonギフト券をプレゼントしよう!私がもらって嬉しいプレゼントNo1

ライフハック

どうも、アンパパです!

人にプレゼントする時、何をあげようか悩みますよね!

クリスマス会とかでのプレゼント交換や、出産祝い・出産祝いなどのお祝いなど、プレゼントを贈るシーンは沢山あるかと思います。

そんな時、「Amazonギフト券」がおすすめです!

アン<br>パパ
アン
パパ

ちなみに私も、一番嬉しいプレゼントはAmazonギフト券です!

個人的ではありますが、入浴剤とかもらっても正直困ります。

もし、アンパパにプレゼントをする機会があるのであればAmazonギフト券でお願いします!(笑)

「Amazonギフト券」なんて、ちょっとそっけないかな?と思う人もいるかと思いますが、ギフト券は単なるカードだけでなく、色々な種類があり、カスタマイズも可能です!

今回は、そんなAmazonギフト券について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Amazonギフト券の色々な種類

Eメールタイプ

調べて見て、こんなプレゼントの方法があったんだと新しい発見がありました。

このタイプは、Eメールやショートメール、さらにはSNSでプレゼントができます!

購入画面はこのような感じです。

引用:Amazon

イラストやアニメーション、さらには自分の写真などもアップロードできます。

ちょっと写真など工夫して、オリジナリティーあふれる渡し方ができそうです。

また、金額は15円〜50万円任意の金額を入力することができ、贈る相手の好きな数字などを入力すると、喜ばれそうです。

ネタ的に15円で送ってみるのもアリですね(笑)

何よりも、注文から通常約5分以内に指定の宛先にお届けできるのが魅力です。ちょっと遠くに住んでいてもさくっとメールで贈りたいときに活用できそうですね!

ちなみに、使う機会があるかはわかりませんが、最長1年先まで送信予約可能です。

Eメールタイプの詳細は、下記のボタンからAmazonのページに遷移し、ご確認下さい。

印刷タイプ

印刷タイプは、その名の通り、PDFファイルを自分で印刷するタイプです。

購入画面はこのような感じです。

引用:Amazon

デザインも豊富にあります。金額とメッセージ、数量を入力するだけで購入ができます。

こちらも金額は、15円〜50万円で指定可能です。

このタイプも購入後5分以内にPDFのデータを入手できるので、すぐに手渡ししたいときに活用できそうです。

印刷なので、余白に皆のコメントを書き込んで手渡せば喜ばれそうですね!

Eメールタイプの詳細は、下記のボタンからAmazonのページに遷移しご確認下さい。

グリーティングカードタイプ

続きまして、グリーティングカードタイプです。

これは、まさしくクリスマス会などのプレゼント交換で使えそうなタイプです。おしゃれなグリーティングカードに、Amazonのギフト券が入っています。

購入画面はこのような感じです。

引用:Amazon

購入画面はグリーティングカードを選択して、金額をプルダウンで選択し、購入するだけです。

先程紹介した2タイプと違い、金額は自分で入力はできません。

また、すぐにメール送信や印刷するタイプではなく、配送が必要になるので注意が必要ですね。

グリーティングカードタイプの詳細は、下記のボタンからAmazonのページに遷移しご確認下さい。

封筒タイプ

次に封筒タイプです。

こちらは、封筒がとにかくお洒落です!結婚祝い、出産祝いなどで手渡しする時に活用できそうなタイプですね。

購入画面はこのような感じです。

引用:Amazon

こちらのタイプも、デザインを選んで、金額をプルダウンで選択して購入するだけですね。

デザインも結構可愛らしくないですか?

こちらも配送が必要なタイプですので、時間的な余裕が必要です。とはいっても、ほぼ翌日に配送してくれそうです。

封筒タイプの詳細は、下記のボタンからAmazonのページに遷移しご確認下さい。

ボックスタイプ

最後にボックスタイプを紹介したいと思います。

ボックスタイプは、ボックスにAmazonギフト券が入ってるタイプです。

ボックスなので、もらった時、何が入っているんだろうとワクワクしますよね。中身がAmazonギフト券だった時、ちょっとサプライズチックな感じもします。

購入画面はこのような感じです。

引用:Amazon

こちらもボックスを選んで、金額をプルダウンで選択して購入するだけです。

金額は、ちょっと高めの5000円からの設定になっているので、注意が必要ですね。

こちらも配送が必要なタイプですので、時間的な余裕が必要です。

ボックスタイプの詳細は、下記のボタンからAmazonのページに遷移しご確認下さい。

贈るのも使うのも簡単

贈る側も受け取る側も、手順が簡単なのも嬉しいですね!

贈る側は先程紹介した、タイプのページから購入ボタンを押すだけです。

受け取る側も、もらったギフト券番号をAmazonのWEB画面から登録するだけで、お買い物が楽しめます!

まとめ

プレゼントにAmazonギフト券はそっけないと思っていた人も、少し印象が変わったのではないでしょうか?

用途によって

  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • 封筒タイプ
  • ボックスタイプ

を使い分けて、オリジナリティあふれるプレゼントをしましょう!

アン<br>パパ
アン
パパ

もう一度いいますが、アンパパにプレゼントを贈る時は、Amazonギフト券でお願いします(笑)

それでは、また! アンパパでした。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

ライフハック
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました