ConoHa WING標準搭載のCocoonテーマで注意すべき点【子テーマがない!】

ConoHa WING標準搭載のCocoonテーマで注意すべき点 WordPress

先日私は、レンタルサーバのConoHa WING(コノハウィング)でWordPressを立ち上げました。

ConoHa WINGは、レンタルサーバの申し込みをするだけで、WordPressとCocoon(コクーン)テーマを同時にインストールでき、あっという間にブログを立ち上げることができました!

▼ConoHa WINGでWordPressを立ち上げる方法


もちろんコレでCocoonテーマを使いブログを始めることができるのですが、今後デザインをいじりたい場合は、もう一つ手順が必要です。

今回は、その手順を紹介します。
(ConoHa WINGのサービスは常に変化していますので、この手順と異なる可能性もあります。ご了承下さい)


\WordPressブログ作成・追加が簡単/



スポンサーリンク

ConoHa WING標準搭載のCocoonテーマで注意すべき点【子テーマがない!】

ConoHa WINGでは、申し込みと同時に、WordPress本体とCocoonテーマをインストールすることができます。

先日、私もCocoonをインストールしましたが、一つあることに気づきました。


それは、Cocoonの子テーマが入っていないことです。


Cocoonは大きく、親テーマと子テーマで構成されています。

■Cocoon親テーマ
Cocoonの本体。何か仕様が変更が発生すると、新しいプログラムにアップデートされる

■Cocoon子テーマ
独自にデザインを変えたい場合は、これを修正する。Cocoonの本体がアップデートされても、子テーマに影響はない



ConoHa WINGでインストールした場合は、Cocoonの親テーマしか入っていません。

この場合、細かなデザインを変更するときは、親テーマを直接変更することになります。

しかし、親テーマはよく仕様変更が発生しアップデートされます。アップデートしてしまうと、せっかく変えたデザインがもとに戻ってしまいます。


そうならないように、子テーマというものがあります。


つまり、今後、独自でデザインをしたい場合は、子テーマを追加でインストールする必要があります。

※ちなみに、ここでいうデザインの変更とは、CSSなどのプログラムを直接修正ことを言います。プログラムをいじらない限りは必要ありません。

Cocoon(コクーン)の子テーマのインストール方法

それでは、Cocoon(コクーン)の子テーマのインストール方法を説明したいと思います。

まずは、WordPressの管理画面に入って、左メニューから「外観」を選んで下さい。


ConoHa WING申し込み直後だと、下記のように「Cocoon」があります。

WordPressの外観画面



このまま子テーマを追加でインストールすれば良いのですが、私がやった時は次のようなエラーとなってしまいました。

親テーマが見つかりませんでした。この子テーマを利用する前に、親テーマ cocoon-master をインストールしてください。


親テーマは存在するのに謎ですよね…

仕方ないので、一旦今入っているCocoonを削除してから、再度Cocoonの親テーマと子テーマをインストールする方法が良さそうです。


Cocoonを選択して、右下の「削除」ボタンを押しましょう。

管理画面でのCocoon


続いてCocoonのテーマを公式ページからダウンロードして下さい。

▼Cocoonの公式ページ

このページより「親テーマ」と「子テーマ」のダウンロードをして下さい。


続いて、WordPressの管理画面の外観画面で「新規追加」ボタンを押下して下さい。

テーマの新規追加


テーマの追加画面で「テーマのアップロード」ボタンを押下して下さい。

テーマのアップロード


先程ダウンロードした親テーマ(zipファイル)を選択して、「今すぐインストール」ボタンを押下して下さい。

テーマのインストール

下記の画面がでたら成功です。「有効化」リンクを押下して下さい。

インストール結果画面


親テーマと同様の手順で、子テーマのインストールと有効化をして下さい。

そうすると、下記の画面のように「Coccon」と「Cocoon Child」が表示されます。

CocoonとCocoon Child


ブログにアクセスすると、下記のようにCocoonのテーマが表示されます。

Cocoonテーマのブログ


以上で完了です。お疲れ様でした。

まとめ

まとめ

今回は、ConoHa WINGサーバでのデフォルトのCocoonテーマでは、子テーマが含まれていないことについて説明しました。

今後独自にデザイン(CSS等)をいじりたい場合は、本手順を参考にCocoonの子テーマをインストールしてみて下さいね。

\WordPressブログ作成・追加が簡単/

ブログを書いている人
アンパパ

ブログがとにかく好き | 4ブログ運営で1万記事目指す | ブログ飯が目標 | 1歳9ヶ月の娘が大好き | 「人生をより楽しく幸せに」がテーマのアンパパブログ執筆中 | ブログ運営ノウハウ発信 | お得情報発信 | 育児便利ネタ発信 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

アンパパをフォローする
WordPress
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました