>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

Gutenbergに対応しているWordPressテーマ5選

WordPress5.0から新エディタGutenbergがリリースされましたが、使っている人はどれくらいいるのでしょうか?

SNSを見る限り、クラシックエディタの方が使いやすいという声が多く、まだ大多数がクラシックエディタを使っていると思います。

ただ、今後はGutenbergが主流で、クラシックエディタは今後サポートされない可能性があるため、早いうちにGutenbergを使っておいた方が良いと思います。


本記事ではGutenbergについて簡単に触れ、Gutenbergに対応しているオススメのWordPressテーマを紹介します。

目次

クラッシックエディタはいつまで使える?

現在、クラシックエディタを使うには「Classic Editor」というプラグインを使う必要があります。

しかし、Classic Editor Plugin Support Windowによると、以下のようなことが書いています。

The Classic Editor plugin will be officially supported until December 31, 2021.

Classic Editor Plugin Support Window


翻訳すると、「Clssc Editorプラグインは公式には2021/12/31までのサポートです」とのことです。

「非公式なら使い続けるのか?」「延長される可能性はあるのか?」などの議論があり、2022年以降も使える可能性もありますが、現時点では100%の保証はできないです。

ですので、これから新しくブログを始める方や、WordPressテーマの購入を検討している方は、Gutenbergエディタに対応しているテーマを選択した方が良さそうですね。

Gutenbergとは?

Gutenbergの概要について

Gutenberg(グーテンベルグ)は、WordPress5.0から導入された改善版のエディタです。

500年以上前に活版印刷技術を発明したヨハネス・グーテンベルクの名前から命名されました。

Gutenbergは、HTMLやショートコードを書かなくても、初心者でもリッチなコンテンツを楽しく書けることを目的にしています。


Gutenbergの特徴は、下記のようにブロックを組み立てながら作成していきます。


Gutenbergを使うメリット

Gutenbergを使った人は、あまりにも使いづらいので、クラシックエディタに戻す人が多いですよね。

私も、最初は使いづらかったですが、数日使ってみたら慣れてきました。ここでは、私がGutenbergを使ってみて感じたメリットを紹介したいと思います。

ショートコードやHTMLを記載する必要がない

Gutenberg対応しているWordPressテーマであれば、ほぼ全ての装飾系のブロックがあります。

ですので、ショートコードやHTMLを書くする必要はなく、初心者でも簡単に装飾や枠線、吹き出しなどをいれることができます。

また、プレビューボタンを押さなくても、ほぼ投稿画面の通りに表示されるので、プレビューで確認する手間が省けます。

ブロックの複製、並び替えが容易

Gutenbergであれば、ブロック単位で複製や並び替えが簡単にできます。

段落を並び替えたい場合は、すぐに移動することができます。

再利用可能ブロックが絶品

個人的に一番好きな機能は「再利用可能ブロック」です。

ブロックを「再利用可能ブロック」として登録すれば、他の記事で使い回すことができます。

例えば、色々な記事に同じ定型文を載せたい場合は、定型文を再利用可能ブロックとして登録すると便利です。もし、文言を変えたい場合も、その定型文1箇所を直せば、全ての記事に反映させることができます。

Gutenbergに対応しているテーマ5選

それでは、Gutenbergに対応しているオススメのテーマを紹介したいと思います。

クラシックエディタを使わなくても、Gutenbergのみで十分な機能が使えるものを5つピックアップしました。


▼比較表

WordPressテーマGutenberg対応値段(税込)
Cocoon対応無料
SWELL完全対応17,600円
Snow Monkey完全対応16,500円/1年
Nishiki Pro完全対応19,580円
対応17,980円



※本記事の情報は2020年8月時点のものです。これからどんどんGutenbergに対応するテーマが増えてくると思います。

Cocoon | 無料テーマで選ぶならこれ!

項目説明
値段無料
Gutenberg対応対応
公式ページCocoon

Cocoon(コクーン)とは、わいひらさんによって作成された無料のWordPressテーマです。SEO対策、高速化、装飾の多さなど、有料テーマでもおかしくないほどの機能が盛りだくさんです。

ブログ初心者なら、まずCocoonを使う人が多いようですね。


CocoonのGutenberg対応は?

私も本ブログにおいて、CocoonでGutenbergエディタを使っていますが、特に不便は感じていません。

Cocoonでは、以下のようなCocoon独自のブロックがあり、装飾も簡単です!

Cocoonの独自ブロック
  • 吹き出し
  • 白抜きボックス
  • ブログカード
  • 囲みボタン
  • ボタン
  • タイムライン
  • 付箋風ボックス
  • タブボックス
  • アイコンボックス
  • 案内ボックス
  • トグルボックス
  • 検索案内
  • アイコンリスト
  • 見出しボックス
  • タブ見出しボックス
  • ラベルボックス
  • マイクロテキスト
  • マイクロバルーン
  • 2カラム
  • 3カラム


▼Cocoonについては、こちらに詳細を書いています


▼公式ページはこちら
>> Cocoon

SWELL | デザインの美しさと圧倒的な使い心地

WordPressテーマSWELL
項目説明
値段17,600円(税込)
Gutenberg対応完全対応
公式ページSWELL

SWELLとは、「シンプル美と機能性の両立 – 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ」というキャッチコピーの、了さんが開発したWordPressテーマです。

キャッチコピーのある通り、デザインの美しさと使いやすさが、他のテーマより際立っています。

私も最近SWELLを使い始めましたが、病みつきになる究極の使いやすさを感じます



SWELLのGutenberg対応は?

SWELLはGutenbergに完全対応しています!つまり、SWELLの全機能がGutenbergで使うことができます。

その使いやすさはネット上でも絶賛の嵐です。まずは下記の動画を見れば、その使いやすさがわかると思います。




SWELLでは、以下のようなSWELL独自のブロックがあり、装飾も簡単です!

SWELLのカスタムブロック
  • 吹き出し
  • キャプション付きブロック
  • SWELLボタン
  • 関連記事
  • FAQ
  • タブ
  • フルワイド
  • バナーリンク
  • ブログパーツ
  • 広告タグ
  • 投稿リスト
  • アコーディオン
  • ステップ
  • ABテスト
  • 説明リスト


▼SWELLについては、こちらに詳細を書いています


▼公式ページはこちら
>> SWELLの公式サイトはコチラ

Snow Monkey | 企業サイトにも使えるハイクオリティテーマ

項目説明
値段16,500円(税込)/1年
Gutenberg対応完全対応
公式ページSnow Monkey

Snow Monkeyは、企業サイトのようなデザインを誰でも簡単に作成できる、ハイクオリティのWordPressテーマです。

開発者向けのAPIも整備されていて、高度にカスタマイズしたいWeb製作者にも適しています。

Snow MonkeyのGutenberg対応は?

Snow MonkeyはGutenbergに完全対応しています!

Snow Monkey Blocksというプラグインを入れると、Gutenbergで簡単にあらゆる表現ができるようになります。

Snow Monkey Blocks
  • アコーディオン
  • アラート
  • 吹き出し
  • ボックス
  • ボタン
  • ボタンボックス
  • カテゴリーリスト
  • カウントダウン
  • ディレクトリ構造
  • 星評価
  • FAQ
  • 項目
  • 期間限定表示
  • アイコンリスト
  • メディアと文章
  • パネル
    などなど

    詳しくはこちら


▼Snow Monkeyの公式ページはこちら
>> Snow Monkey

Nishiki Pro | Webサイト運営で欠かせない機能をもれなく搭載

項目説明
値段19,580円
Gutenberg対応完全対応
公式ページNishiki Pro

公式テーマの一つに「Nishiki」がありますが、これはカスタマイズ前提のテーマとなります。

その上位モデルNishiki Proを使うことで、Gutenbergにも標準対応し、使い勝手が大幅に向上します。

Nishiki Proでは、ウェブサイト運営に欠かせない機能を網羅し、トレンドやユーザーコミュニティのフィードバックをもとに、どんどん機能追加を行っているところが特徴です。

Nishiki ProのGutenberg対応は?

Nishiki ProはGutenbergに完全対応しています!

Nishiki Proのカスタムブロック
  • 吹き出し
  • ボタン
  • フレーム
  • セクション
  • タイムライン
  • 投稿一覧
  • カード
  • レーダーチャート
  • QA
  • RSS
  • アイコン
  • マーカー
  • キーボード
  • カラーパレット
  • アニメーション


▼公式ページはこちら
>> Nishiki Pro

DIVER | とにかく高機能で簡単カスタマイズ

項目説明
値段17,980円
Gutenberg対応対応
公式ページDiverの公式ページはこちら


DIVERは、とにかく高機能で、初心者でも簡単にカスタマイズできると評判のWordPressテーマです。

アフィエイトを熟知したチームが開発しており、収益化やSEOの機能も盛りだくさんです。

DIVERは、アフィリエイターが好んで利用するWordPressテーマの一つです。

DIVERのGutenberg対応は?

DIVERは、Gutenbergに完全対応はしていませんが、必要不可欠な機能については優先的に対応しています。

DIVERのカスタムブロック
  • 見出し
  • ボタン
  • 囲い枠
  • 会話
  • アイコン
  • トグル
  • Q&A
  • 記事一覧
  • スター
  • セクション
  • アイコンボックス


▼公式ページはこちら
>>

まとめ

まとめ

本記事では、Gutenbergに対応しているオススメのWordPressテーマを紹介しました。

▼Gutenberg対応をしているオススメのWordPressテーマ

WordPressテーマGutenberg対応値段(税込)
Cocoon対応無料
SWELL完全対応17,600円
Snow Monkey完全対応16,500円
Nishiki Pro完全対応19,580円
対応17,980円


ちなみに私の一押しは、私が使ってみてその使い心地に感動したSWELLです。

SWELLを使うと、さくさくと綺麗な記事を書くことができ、記事作成スピードが大幅にアップしますよ!


これから新しくブログを始める方や、WordPressテーマの買い替えをしたい方は、ぜひGutenberg対応しているテーマを選ぶようにしましょう。

\当ブログで絶賛利用中/

とにかく使いやすくて圧倒的に美しい!
まさに感動するWordPressテーマです!

a

この記事を書いた人

完全在宅フリーランス(ライター×WEBエンジニア) | 元サラリーマン(SE歴13年) | ブログ大好き | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる