>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

おもちゃのサブスク「ハッピートイ」はおすすめ?料金・口コミ・評判などを徹底解説!

質問のアイコン画像質問

おもちゃのサブスク「ハッピートイ」っておすすめ?
ハッピートイの料金は?
ハッピートイの口コミ・評判はどう?

おもちゃのサブスク「ハッピートイ(HappyToy)」について徹底解説したいと思います。


近年サブスクブームで、色々なサブスクがありますよね。ついには、おもちゃのサブスクサービスまで登場しました!
おもちゃのサブスクは、色々な会社からサービスが提供されていますが、今回はハッピートイについて徹底解説します。

目次

おもちゃのサブスク(定額レンタル)はおすすめ?

質問のアイコン画像質問

そもそも、おもちゃのサブスクって何?おすすめなの?

まずはハッピートイの説明の前に、おもちゃのサブスクについて解説したいと思います。ハッピートイの解説が見たい場合は、ここをスキップして下さいね。


育児中のパパさんママさんならわかると思いますが、子供のおもちゃ選びって意外と大変ですよね。

できれば子供の知能や知力を伸ばす知育玩具や、体の発達を助けるおもちゃを選んであげたいと考えると思います。


おもちゃはレンタルしなくても、買えばいいと思っている方はいると思いますが、こんな悩みはないですか?

  • どのおもちゃを買っていいのかわからない。
  • せっかくおもちゃを選んだのに遊んでくれない。
  • せっかくおもちゃを買ったのにすぐ壊してしまった。
  • おもちゃで部屋が溢れている。
  • おもちゃを粗大ごみで捨てるにもお金かかるし、メルカリとかで売るのも面倒くさい。
  • おもちゃを運ぶのが大変。



これらの悩みが、おもちゃのサブスク(定額レンタル)で解決できます!


どのおもちゃを買っていいのかわからない
オススメの知育玩具を選んでくれます!

せっかくおもちゃを選んだのに遊んでくれない。
レンタルなので、もし子供が気に入らないようなら借り直せます。

せっかくおもちゃを買ったのにすぐ壊してしまった。
レンタルですが、壊してしまっても弁償不要な場合が多いです。

おもちゃで部屋が溢れている。
レンタルですので、返却して終わりです。

おもちゃを粗大ごみで捨てるにもお金かかるし、メルカリとかで売るのも面倒くさい
レンタルですので、捨てたり売却する手間がかかりません。

おもちゃを運ぶのが大変
もちろん配達してくれます。


皆さんが抱えている悩みが、おもちゃのサブスクを使うことで解決しますね!

おもちゃのサブスク(レンタル)5社比較

ハッピートイは、他のサービスと比較してどうなのでしょうか。
おもちゃのサブスクサービスの代表的な5社を比較してみました。


※2020年10月現在です。最新情報は公式ホームページをご参照下さい。

サービスハッピートイ
月額料金(税抜)3,340円スタンダード:2,980円
プレミアム:3,280円
隔月コース:2,340円
毎月コース:3,980円
レギュラー:3,700円(税込)
ライト:2,490円(税込)
地域によって異なる(1,480円〜)
個数6個4〜6個隔月コース:4〜6個
毎月コース:5〜7個
レギュラー:6個
ライト:3個
4〜5個
送料0円0円お届け:1,000円
返却:0円
沖縄:+800円
北海道:+500円
0円
レンタル周期2ヶ月2ヶ月隔月コース:2ヶ月
毎月コース:1ヶ月
2ヶ月1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月
対象年齢4歳まで4歳まで8歳まで4歳まで6ヶ月〜4歳
割引1年一括:10%OFF
半年一括:5%OFF
1年一括:12ヶ月目無料
半年一括:6ヶ月目半額
なし最初の2ヶ月はお試し価格!1年一括で10%割引
お支払いクレカクレカクレカ
コンビニ
AmazonPay
代引き
クレカクレカ
破損の場合通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要
紛失の場合弁償必要弁償必要弁償必要弁償必要弁償必要


各社似ていますが、月額料金や1度に借りれるおもちゃの個数、対象年齢等で差があるようですね。

詳しくはこちらの記事で各社を比較しています。


これから、ハッピートイのサービスの詳細について説明します。

ハッピートイ(HappyToy)とは(概要・プラン)

ハッピートイの概要、料金、プラン

ハッピートイとは?

ハッピートイは、生後6ヶ月から4歳未満を対象としたおもちゃの月額制レンタルサービスです。
子供の成長に合わせて、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月のいずれかの周期で知育玩具を交換できます。

知育玩具インストラクターによるおもちゃのセレクトが行われ、子供の隠れた才能を発見できるようなバリエーション豊かな知育玩具が自宅に届きます。

ハッピートイのコース・値段

ハッピートイでは、地域によって値段が変わります。
また、おもちゃの交換周期を1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月から選べます。

ここで紹介する価格は、2020年10月時点のものです。最新情報は公式ページでご確認お願いします。

①地域A

ハッピートイの料金表(地域A)
画像出典:ハッピートイ


②地域B

ハッピートイの料金表(地域B)
画像出典:ハッピートイ

③地域C

ハッピートイの料金表(地域C)
画像出典:ハッピートイ

④地域D

ハッピートイの料金表(地域D)
画像出典:ハッピートイ


6ヶ月コースであれば、月額1,480円(地域Aの場合)から利用でき、これはおもちゃのサブスクサービスの中では最安値です。ただ、6ヶ月間おもちゃを交換できないので注意しましょう。
月齢が小さいうちは、子供の成長スピードが早いので、最適なおもちゃが次々と変わるので1ヶ月コースか2ヶ月コースがオススメです。

沖縄、北海道、離島については高めの価格帯です。この地域の方は、他のおもちゃのサブスクサービスを使った方が安いです。

ハッピートイで借りられるおもちゃ

ハッピートイでは、知育玩具先進国のフランス、ベルギー、ドイツの玩具をセレクトしています。
公式ページでは、次の玩具メーカーが紹介されています。

ハッピートイで借りられるおもちゃ
ハッピートイで扱っているおもちゃブランドの例
  • PLAN TOYS(プラントイズ)
  • GOLLNEST&KIESEL(ゴルネスト&キーゼル)
  • CLASSIC WORLD(クラシックワールド)
  • SCRATCH(スクラッチ)
  • DJECO(ジェコ)

自分ではなかなか買わないブランドのおもちゃが借りられるのが、おもちゃのサブスクのメリットですね。

ハッピートイのメリット

ハッピートイのメリット

ハッピートイを利用するメリットを紹介します。

メリット1:おもちゃの交換間隔を6ヶ月、2ヶ月、1ヶ月から選べる

ハッピートイでは、おもちゃの交換間隔を6ヶ月、2ヶ月、1ヶ月から選べます。

子供によっては、一つのおもちゃで遊び続けられる子もいれば、すぐに飽きてしまう子もいます。
すぐに飽きてしまう子であれば、1ヶ月交換が良さそうですね。

また、月齢が小さいうちは成長スピードが早いので、成長に応じたおもちゃを選ぶ必要があるため、間隔は短い方が良いですね。

このように交換間隔が自由に選べるのは、ハッピートイの大きなメリットです。

メリット2:月額料金が安い

ハッピートイの一番安いコースは、地域Aでの6ヶ月コースで月額1,480円です。
これは、主要なおもちゃのサブスクサービスの中では最安です。

ただこのコースは、おもちゃの交換間隔が6ヶ月と長いので注意が必要です。
ある程度月齢が高くて、一つのおもちゃを長く使える子供に適したコースですね。

メリット3:知育玩具インストラクターによるおもちゃの選定

ハッピートイでは、知育玩具インストラクターによって、子供の月齢に応じたおもちゃをセレクトしてくれます。

知育玩具インストラクターとは、JATE(一般社団法人日本知育玩具協会)が認定する資格です。
この資格は、子供の発達段階を理解し、ヨーロッパの知育玩具によって子どもたちの知性や社会性などを豊かにするメソッドを習得するものです。

つまり、子供の発達に最適な玩具を選ぶプロということですね。

なかなか知育玩具を自分で選ぶのは難しいですが、プロに選んでもらえば、おもちゃ選びの悩みから解放されそうです。

メリット4:知育玩具先進国の海外玩具で遊べる

ハッピートイでは、普段買わないような海外玩具をレンタルできます。

ハッピートイで扱っているおもちゃブランドの例
  • PLAN TOYS(プラントイズ)
  • GOLLNEST&KIESEL(ゴルネスト&キーゼル)
  • CLASSIC WORLD(クラシックワールド)
  • SCRATCH(スクラッチ)
  • DJECO(ジェコ)

これらのブランドは、子供の感性を豊かにするような木のおもちゃが中心です。
手や頭を使っておもちゃと遊ぶことによって、創造力を養うことができます。

メリット5:気に入ったおもちゃの延長や購入が可能

子供がおもちゃを気に入ってしまった場合は、返す時心が痛いですよね。
ハッピートイでは、子供が気に入ったおもちゃを延長できるので安心です。

また、レンタルしているおもちゃを特別価格で購入できます。
せっかく子供が興味を示したおもちゃであれば、購入してずっと使って欲しいですよね。

色々なおもちゃを試して子供の興味や関心を発見できるのも、おもちゃのサブスクの良さだと思います。

ハッピートイのデメリット

ハッピートイのデメリット

一方、ハッピートイのデメリットを説明します。

デメリット1:地域によっては月額料金が高くなる

ハッピートイでは、地域ごとによって月額料金が異なります。
例えば6ヶ月コースでは、東京では1,480円ですが、北海道では2,480円と1,000円高くなってしまいます。

は全国一律料金のため、北海道・沖縄・離島の方は他サービスの方が安く利用できます。

デメリット2:情報があまりない

インターネットやSNSで、ハッピートイについて調べてもあまり情報がでてきません。
実際に使ってみなければわからないことが多そうです。

デメリット3:1回に借りられるおもちゃの個数が少なめ

ハッピートイでは、1回に借りられるおもちゃの個数が4〜5個(総額12,000円〜15,000円)となっています。

一方、では、おもちゃの個数が6個(総額2万円〜3万円)です。
ハッピートイは他サービスに比べると価格は安めですが、おもちゃの内容は劣る場合があります。

ハッピートイの口コミ・評判・レビュー

ハッピートイの口コミ・評判・レビュー

インターネット上にあった口コミをまとめてみたいと思います。

  • 海外玩具のセンスが良い
  • 玩具が手元にない期間がない
  • 毎月おもちゃを交換可能
  • 返却時はメールをする必要がある
  • 紛失したら弁償する必要がある

まとめ

おもちゃのサブスク「ハッピートイ」はおすすめ?料金・口コミ・評判などを徹底解説! | まとめ

本記事では、おもちゃのサブスク(定額レンタルサービス)のハッピートイについて解説しました。

もう一度メリットを整理します。

  • おもちゃの交換間隔を6ヶ月、2ヶ月、1ヶ月から選べる
  • 月額料金が安い
  • 知育玩具インストラクターによるおもちゃの選定
  • 知育玩具先進国の海外玩具で遊べる
  • 気に入ったおもちゃの延長や購入が可能


おもちゃのサブスクは各社いろいろな特徴があります。
しっかりと比較して利用したいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(ITエンジニア×ブロガー) | 元サラリーマン(SE歴13年) | 常にIT技術を追求 | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる