ハリーポッターの洋書全巻完読に挑戦中

英語学習

今年の7月頃から、ハリーポッターの洋書に挑戦しています。現時点では、2巻まで完読し、3巻目に突入しております。

<読書記録>

タイトル読書記録
Harry Potter and the Philosopher’s Stone
(ハリーポッターと賢者の石)
2019/7/18〜
2019/8/4
(18日間)
Harry Potter and the Chamber of Secrets
(ハリーポッターと秘密の部屋)
2019/8/6〜
2019/10/11
(66日間)
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
(ハリーポッターとアズカバンの囚人)
2019/10/16〜
Harry Potter and the Goblet of Fire
(ハリーポッターと炎のゴブレット)
Harry Potter and the Order of the Phoenix
(ハリーポッターと不死鳥の騎士団)
Harry Potter and the Half-Blood Prince
(ハリーポッターと謎のプリンス)
Harry Potter and the Deathly Hallows
(ハリーポッターと死の秘宝)

英語力を上げたいと思い、洋書の多読を始め、試しにハリーポッターの1巻「ハリーポッターと賢者の石」の洋書に挑戦してみたところ、これが大はまり。完読できた時の達成感に快感を覚えました(笑)

すっかり通勤時などのスキマ時間に読む習慣がつきはじめ、2巻「ハリーポッターと秘密の部屋」も時間がかかりましたがなんとか完読。

現在3巻「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を読み始めているところです。これからどんどんボリュームも難易度も上がっていきますが、ハリーポッター全巻完読に向け挑戦しております。

スポンサーリンク

何故ハリー・ポッターに挑戦しているのか?

自分の目標の一つに、将来英語を使ったビジネスをしたいと思っています。例えば、日本に来た外国人に、日本の良さを伝えるような仕事をしてみたいと思っています。

最近は子供も生まれ、なかなか時間がとれないですが、通勤時間などスキマ時間が意外と沢山あります。そのスキマ時間を有効活用してもっと英語学習できないかなと考えていました。

できれば英語学習を習慣化させたいのですが、どうしても単語を覚えたり、TOEICの問題集を解くようないわゆる「勉強」は長続きしません。そこで、もっと楽しく英語を学べないかと、洋書の多読を始めました。洋書を読むことは、勉強という感覚がないです。楽しく読んでいるうちに、英語が身につくのではないかと考えております。

色々な洋書のタイトルがあるかと思いますが、映画も見たことがあり、楽しめそうなハリーポッターシリーズを選びました。

ハリーポッターのボリュームは?

ハリーポッターのボリュームはどのくらいあるのでしょうか。日本語版でも1巻のボリュームがなかなかの分厚さですよね。

洋書版ハリーポッターの単語数を調べてみました。

タイトル単語数
Harry Potter and the Philosopher’s Stone
(ハリーポッターと賢者の石)
77,000
Harry Potter and the Chamber of Secrets
(ハリーポッターと秘密の部屋)
85,000
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
(ハリーポッターとアズカバンの囚人)
107,000
Harry Potter and the Goblet of Fire
(ハリーポッターと炎のゴブレット)
191,000
Harry Potter and the Order of the Phoenix
(ハリーポッターと不死鳥の騎士団)
257,000
Harry Potter and the Half-Blood Prince
(ハリーポッターと謎のプリンス)
169,000
Harry Potter and the Deathly Hallows
(ハリーポッターと死の秘宝)
168,000

1巻、2巻でヒーヒー言っているわけですが、5巻の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」はなんと257,000語!めまいがしますね(笑)

そして、トータルでは100万語オーバー!よく洋書多読で100万語を超えると、何らかの効果がでてくると言われているので、ハリーポッターシリーズを完読すれば、その100万語を達成できてしまうのですね。

もし完読できたら、その時の効果をまた紹介したいと思います。

ハリーポッターの難易度は?

ハリーポッターは簡単なイメージがあるかと思いますが、正直めちゃくちゃ難しいです。

よく映画で見た1巻の「ハリーポッターと賢者の石」ですら、読むのに苦労しました。

英語多読研究会SSSという、多読をおすすめしているグループがありますが、そこでのハリーポッターシリーズの難易度はなんと最高ランクの「Level9」です。

初心者はハリーポッターの洋書を絶対に手を出してはいけないという記事も沢山あります。

自分も初めて見た時、最初の数ページで挫折しかかりました(笑)

ハリーポッターは子供向けのはずなのに、なんでこんなに難しいのでしょうか? 今まで中学高校で単語を覚えてきたはずなのに、1ページ目から全く知らない単語だらけでした。正直、自分の英語力がネイティブの小学生以下とわかり絶望しました。

今まで、英語を勉強した気になっていましたが、圧倒的に英語に接する時間が少ないということを痛感しました。

ちなみに自分がわからなかった単語を少し紹介すると、こんな単語がよくでてきます。わかるでしょうか?

  • jerk
  • rattled
  • mutter
  • gasp

正解はこちらです。

  • jerk→急に動く、急に引く
  • rattled→混乱した
  • mutter→つぶやく
  • gasp→はっと息を飲む

繰り返しよくでてくるので、段々と意味がわかってきました。

どのように攻略しているのか

こんな感じでボリュームも多く、難易度も高いハリーポッターですが、どうやって攻略しているのか書きたいと思います。(まだ現在進行中ですが…)

本当は、洋書多読をする時は、以下のルールで行うといいそうです。

1.辞書は引かない (引かなくてもわかる本を読む)
2.分からないところは飛ばして前へ進む (わかっているところをつなげて読む)
3.つまらなくなったら止める (1 2 の原則で楽しく読めない本は読まない)

英語多読研究会SSS

1語1語辞書を引いてしまうと、なかなか先に進まず挫折に繋がってしまいます。ですので、できるだけ辞書を引かなくても良いレベルの本からスタートさせることがベストとされています。

しかし、私はやはりハリーポッターがどうしてもよみたかったので、いきなり難易度Maxのハリーポッターからスタートすることをしました。無謀ですね(笑)

基本的には、できる限り辞書を見ないで読み進めたいですが、すぐに知らない単語がでてしまいます。電子辞書を調べながら進むと、時間がかなりかかってしまいます。

それを解決してくれるのが、「Kindle」です。

Kindleは、単語をタップすると、意味がすぐ表示されます。そのため、わからない単語もさくっと調べることができ、ハイペースで読み進めることができます。

また知らない単語が、繰り返し出現するので、3回くらい出会うと、ようなくその単語を覚えることができます。覚える単語が増えていくと、より速い速度で洋書を読むことができ、ますます楽しくなってきます。

また、ハリーポッターを読むにあたって、もう一つのおすすめは、Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」です。

Kindle Unlimitedは月額980円で豊富なタイトルから好きな本が読み放題のサービスです。その読み放題の本の中に、ハリーポッタの洋書が含まれています。ただ、なぜか1巻だけが対象外です。全巻対象にしてしまうと採算がとれないから、最初の1巻だけは買って下さいということなんでしょうか。

1巻だけ買って、あとは月額980円で読み進めることができます。お得ですね!

まとめ

ようやく2巻までは完読しましたが、まだシリーズ全体の15%なんですよね。ただ、だいぶスキマ時間を利用した習慣化ができてきており、ちょっとずつですが、読み進めています。

なかなか知らない単語が多く、大変ですが、だんだんと英単語も覚えることができてきております。ハリーポッターシリーズ全巻を制覇し、100万語を達成することができた時は、おそらく英語力も結構ついてくるのではないかと期待しております。

なかなかハリーポッター全巻完読はチャレンジングだとは思いますが、一緒に挑戦してみませんか?


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

英語学習
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました