1週間も続いた娘(1歳)の高熱。症状の経過と看病のポイントをまとめてみた。

1週間も続いた娘(1歳)の高熱 子供との日常

どうも、アンパパです!

今週は、娘が高熱を出し大変な1週間でした。

最初は、風邪ってインフルエンザでなければすぐ治ると思っていましたが、全然甘かったです。

結局保育園も1週間休むことになってしまいました。

友達に聞くと、「1週間ならまだ良い方!」と言っている人もいました。子供がインフルになって、子供が治ったけど、その後妻に感染したりすると、結局会社を2週間以上休まなくてはならなくなるパターンもあるそうです。

今日は、そんな高熱と戦う娘の症状の経過と、看病のポイントなどを書きたいと思います。

高熱が続くと、お医者さんが大丈夫って言っても不安になりますよね。私もGoogle検索で「子供 高熱 1週間」を検索して、他のブログを読んで少し気持ちを落ち着かせていました。

アン<br>パパ
アン
パパ

小さなお子さんを持つパパさん・ママさんの参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

1歳の娘、高熱と戦った1週間

娘が熱が出始めてから治るまでの様子を振り返ってみたいと思います。

木曜日

この日朝から娘は37.6℃と発熱。保育園には38℃未満であれば預けられるので、預けましたが、結局夕方38.2℃になりお呼び出しがありました。

娘は、熱は高いですが、いつもと変わらない様子でした。

金曜日

この日も37.7℃でしたが、大事を取って保育園はお休み。娘はおばあちゃんに預けました。

土曜日

相変わらず37.5℃。いつもと変わらず元気ですが、昼寝が多い印象。近所のスーパーに家族3人で買い物に行ったりしました。(←コレがいけなかった可能性もあり…)

日曜日

さすがに土日で風邪は治るだろう!なんて考えていましたが、甘かった。ここから大変な日々が始まりました。

夜入浴後、いつもよりグズっているなと思って、抱っこしたら、びっくりするくらいの熱さ。体温測ったら39.6℃でした。

娘も寝られないのか、ちょっと寝て起きてを繰り返していました。

月曜日

朝起きても体温が39℃台で、妻は今日は外せない仕事があるため、私が会社を休んで看病にあたりました。

近くの小児科に行き、風邪との診断。周りにインフルがいないことから、インフルではないとのことでホッとしました。薬は、熱冷ましと抗生剤をもらいました。

夜熱測ったら40.5℃。もう一回測ったら、振り切れて計測できず。慌てて熱冷ましの座薬を入れました。一時的な効果があり、37℃台まで下がったけど、結局何回も起きてギャン泣き

火曜日

この日も39℃台。インフルではないのに、こんなに熱が続くとは思いませんでした。

この日は、妻が看病にあたりました。我が家では、基本的には交互で会社を休むルールにしています。

妻が、再度近くの小児家に連れていきました。気管支炎や肺炎の疑いもあり、大きい病院でレントゲン取ったほうがいいと言われ、紹介状をもらいました。

水曜日

この日も朝起きたら39℃。見た目は元気で食欲もあるけど、ハァハァと常に息があがっている状態です。早く良くなることを願うのみです。

この日は私が会社を休んで、大きい病院で検査しました。検査については、後ほど書きます。

検査の後は、疲れたのか娘はぐっすり。

夜は相変わらず40℃台。相変わらず夜はグズグズ。熱冷ましで一気に体温が下がることも娘にとっては変な感覚になるのか、ずっと泣いていました。看病で一番大変なのは、夜眠れないことですね。

木曜日

この日も39℃台。前日、病院で検査も受け、大きな病気ではないことを確認しましたが、これだけ熱が続くと不安ですよね。

他の人のブログ読んで「1週間熱がでたけど治った」みたいな記事を読んで、少し心を落ち着かせていました。

いつも夜になると40℃になっていましたが、この日の夜熱を測ったら38.5℃程度に落ち着いてきました。

金曜日

朝起きて熱を測ると37.5℃。娘も朝から楽しそうに歩き回っていました。

ついに、娘はウィルスに勝ったようです。

まだまだ予断はできませんが、安心しました。やはり、ずっと健康で元気な娘でいてほしいですよね。

娘にとっても、私にとっても大変な1週間でした。

病院での検査

今回、高熱が長引いていることから、念の為大きい病院で検査をしました。1歳の子供でも、大人と同じような検査をするのですね。

診察

結構細かく問診をして、胸の音、喉の中、耳の中をチェックしました。

耳鼻科

診察で耳を少し見たほうが良いということで、耳鼻科に案内されました。

初めて耳掃除をしてもらましたが、案の定娘はギャン泣き。動かないように抑えるのが大変でした。

血液検査

小さい子供でも、容赦なくそこそこ太い注射で血液を採取されていました。もちろんギャン泣き

あわせて、インフルや色々なウィルスの検査も行いました。鼻に棒を突っ込まれてはギャン泣き、鼻水を採取されてはギャン泣き

ごめんごめんを言い続けた気がします。

尿検査

小さい子供の尿検査ってどうやってやるのか?と思いましたが、ビニールのようなものをオムツの中でつけておいて、尿がでるのを待つスタイルでした。

出るまで待機して、出たら急いで採取する!みたいな感じではなくてよかったです(笑)

レントゲン

小さな台に子供を動かないようにネットでぐるぐる巻にして、カシャっととる感じでした。もちろんギャン泣き

こんな感じで検査が終わりました。娘も初体験のものも多く「私、今何されているの?」と思っていたかもしれません。

なかなか全部で4時間くらいかかり大変でした。

高熱の原因は何だったのか?

色々検査して、高熱の原因がわかりました。

原因は、「アデノウィルス」でした。アデノウィルスに感染すると、下記の症状がでるようです。

実はアデノウイルスには50種類以上の型が報告されてます。

その型によって発熱(高熱のことが多い)、ノドの痛みなどがでる咽頭炎や扁桃炎、眼の充血、目やになどが出る結膜炎、腹痛や下痢・嘔吐などが起こる胃腸炎など様々な症状が現れます。

わしお耳鼻咽喉科

アデノウィルスは夏風邪の定番で、目が充血する「はやり目」の原因になるウィルスだそうです。場合によっては、1週間近く高熱が続く原因でもあるようです。

どこから感染したかはわかりませんが、このアデノウィルスに感染したそうです。

また、今回の診断より、アデノウィルスによって軽度の気管支炎と中耳炎になっていました。

あとは、血液検査の炎症反応が強く、もし食欲がなく元気がない場合は入院でもいいレベルだったそうですが、幸い食欲もあり元気だったので、自宅での様子見となりました。薬は、これまで通り、熱冷ましと抗生剤です。

とりあえず、原因がわかると少し安心しますよね。

看病する時のポイント

今回、看病するにあたって色々調べ、ポイントを抑えました。これだけではないと思いますが、まずは次のようなことを注意する必要があると思います。

食欲、水分が十分とれているか注意する

風邪ひいた時は、食欲があるか、水分が十分にとれているかは常に確認しましょう。

汗や下痢等によって脱水症状になったり、食欲がなく栄養がとれなくなると、重症化する可能性があり危険です。

もし、風邪によって食欲がなかったり、グズって水分が取れなかった場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。場合によっては、入院になる可能性もあります。

幸い、娘の場合は、40℃の高熱の時も、食欲だけは旺盛でした。

熱性けいれんにも注意

高熱の場合は、熱性けいれんにも注意が必要です。

熱性けいれんとは、高熱のときに、発作的に手足をガタガタと痙攣させ、突然意識がなくなったりするようなことです。Twitterでもよく熱性けいれんが話題になっているため、この言葉には私も少し敏感です。

周りの人の話を聞くと、熱性けいれんを起こすとと子供が急に意識がなくなるのでパニックになったことが多いそうです。

大事なことは、パニックにならず、安全な場所に横に寝かすことです。通常は5分以内でけいれんがおさまるため、5分以上続いた場合は、自分では判断できないため、救急車を呼んだ方が良いと思います。

アン<br>パパ
アン
パパ

そんなこと言っても、もしこの状況になったらパニックになりますよね…

まずは一呼吸しましょう!

体温や症状を細かくチェックする

風邪の状況は、体温や症状でわかるので、少なくても朝・昼・晩の体温と症状をメモしておきましょう。

病院に行く時、「体温は?」と聞かれますよね。思い出せないと正確な診断ができない可能性があります。

もし体温や症状をメモしておけば、そのメモを渡すだけでよく、スムーズに診断できると思います。

鼻水は吸い取ろう

鼻水の吸い取りをサボっていたら、医者に怒られてしまいました。

鼻吸いをしないと、中耳炎などにつながってしまうとのことです。今回娘は軽度の中耳炎になってしまったので、やはりサボってしまったことが原因の一つかもしれません。

なかなか、鼻吸い器をすると、大泣きしてしまいますが、毎日しっかりと行う必要があります。お風呂後は、よく鼻水がでるのでよく取れるので、おすすめです。

ちなみに我が家では、ピジョンの鼻吸い器を使っています。

Pigeon 電動鼻吸い器
created by Rinker

(ハトアイコンのアンパパだからピジョン使っている訳ではないですよ)

他の鼻吸い器と比べ、お手入れがめちゃくちゃラクです。先端の鼻水キャッチャーと呼ばれる部品のみ洗えばよく、チューブを洗う必要はありません。何回も鼻吸いするのであれば、極力お手入れはラクな方がいいですからね。

パパ・ママが倒れないようにする

割と重要なことが、パパ・ママが倒れないようにすることですね。

もし一家全滅になってしまうと、子供を看病できる人がいなくなってしまいます。それだけは避けなければいけません。

まずは家族内で感染しないように、基本は手洗い・うがい・マスクをすることは必須です。

特に、鼻水や便に菌があることが多いため、オムツ替えや鼻水を拭いた時は必ず石鹸で手を洗いましょう。

ただ、ウィルスや細菌によって対策が異なると思いますので、医者に対策を聞いてみることをオススメします。

まとめ

今回は、子供の症状の経過や看病のポイントをまとめてみました。

今回初めて高熱が長引いたので、少し焦ってしまいました。今回の経験を生かし、次からはもっと落ち着いて適切に看病ができると思います。

小さなお子さんを持つパパさん・ママさんについても、これまで子供が風邪をひいたことがななくても、急に風邪をひく場合があると思います。

そんな時に本記事を参考にして頂けたら幸いです。

それでは、また! アンパパでした。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

子供との日常
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました