>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

おもちゃのサブスク「IKUPLE(イクプル)」はおすすめ?料金・口コミ・評判などを徹底解説!

質問のアイコン画像質問

おもちゃのサブスク「IKUPLE(イクプル)」っておすすめ?
イクプルの料金は?
イクプルの口コミ・評判はどう?

おもちゃのサブスク「イクプル」について徹底解説したいと思います。


近年サブスクブームで、色々なサブスクがありますよね。ついには、おもちゃのサブスクサービスまで登場しました!
おもちゃのサブスクは、色々な会社からサービスが提供されていますが、今回はイクプルについて徹底解説します。

\初回990円から試せる!/

目次

おもちゃのサブスク(定額レンタル)はおすすめ?

質問のアイコン画像質問

そもそも、おもちゃのサブスクって何?おすすめなの?

まずはイクプルの説明の前に、おもちゃのサブスクについて解説したいと思います。イクプルの解説が見たい場合は、ここをスキップして下さいね。


育児中のパパさんママさんならわかると思いますが、子供のおもちゃ選びって意外と大変ですよね。

できれば子供の知能や知力を伸ばす知育玩具や、体の発達を助けるおもちゃを選んであげたいと考えると思います。


おもちゃはレンタルしなくても、買えばいいと思っている方はいると思いますが、こんな悩みはないですか?

  • どのおもちゃを買っていいのかわからない。
  • せっかくおもちゃを選んだのに遊んでくれない。
  • せっかくおもちゃを買ったのにすぐ壊してしまった。
  • おもちゃで部屋が溢れている。
  • おもちゃを粗大ごみで捨てるにもお金かかるし、メルカリとかで売るのも面倒くさい。
  • おもちゃを運ぶのが大変。



これらの悩みが、おもちゃのサブスク(定額レンタル)で解決できます!


どのおもちゃを買っていいのかわからない
オススメの知育玩具を選んでくれます!

せっかくおもちゃを選んだのに遊んでくれない。
レンタルなので、もし子供が気に入らないようなら借り直せます。

せっかくおもちゃを買ったのにすぐ壊してしまった。
レンタルですが、壊してしまっても弁償不要な場合が多いです。

おもちゃで部屋が溢れている。
レンタルですので、返却して終わりです。

おもちゃを粗大ごみで捨てるにもお金かかるし、メルカリとかで売るのも面倒くさい
レンタルですので、捨てたり売却する手間がかかりません。

おもちゃを運ぶのが大変
もちろん配達してくれます。


皆さんが抱えている悩みが、おもちゃのサブスクを使うことで解決しますね!

おもちゃのサブスク(レンタル)5社比較

イクプルは、他のサービスと比較してどうなのでしょうか。

おもちゃのサブスクサービスの代表的な5社を比較してみました。


※2020年8月現在です。最新情報は公式ホームページをご参照下さい。

サービスハッピートイ
月額料金(税抜)3,340円スタンダード:2,980円
プレミアム:3,280円
隔月コース:2,340円
毎月コース:3,980円
レギュラー:3,700円(税込)
ライト:2,490円(税込)
地域によって異なる(1,480円〜)
個数6個4〜6個隔月コース:4〜6個
毎月コース:5〜7個
レギュラー:6個
ライト:3個
4〜5個
送料0円0円お届け:1,000円
返却:0円
沖縄:+800円
北海道:+500円
0円
レンタル周期2ヶ月2ヶ月隔月コース:2ヶ月
毎月コース:1ヶ月
2ヶ月1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月
対象年齢4歳まで4歳まで8歳まで4歳まで6ヶ月〜4歳
割引1年一括:10%OFF
半年一括:5%OFF
1年一括:12ヶ月目無料
半年一括:6ヶ月目半額
なし最初の2ヶ月はお試し価格!1年一括で10%割引
お支払いクレカクレカクレカ
コンビニ
AmazonPay
代引き
クレカクレカ
破損の場合通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要通常のケースであれば弁償不要
紛失の場合弁償必要弁償必要弁償必要弁償必要弁償必要


各社似ていますが、月額料金や1度に借りれるおもちゃの個数、対象年齢等で差があるようですね。

詳しくはこちらの記事で各社を比較しています。


これから、イクプルのサービスの詳細について説明します。

IKUPLE(イクプル)とは(概要・プラン)

イクプルとは?

イクプルは、4歳までを対象としたおもちゃの月額制レンタルサービスです。
おもちゃのコンサルタントが月齢にあわせて知育玩具をセレクトしてくれ、2ヶ月に1度のサイクルで自宅まで届けてくれます。

イクプルのコース・値段

コースレギュラーライト
月額(税込)3,700円2,490円
1回あたりのおもちゃの総額2〜3万円相当サイトには記載なし
1回あたりのおもちゃの個数6個3個
交換サイクル2ヶ月2ヶ月
往復送料沖縄+800円
北海道+500円
沖縄+800円
北海道+500円
プラン提示前の要望可能可能


おもちゃは、おもちゃのコンサルタントが月齢に合わせてセレクトされ、2ヶ月間隔で届けられます。

イクプルでは、レギュラーコースとライトコースの2つあります。
それぞれの違いはおもちゃの個数で、レギュラーコースは6個、ライトコースは3個となります。

レギュラーコースであれば、1回のおもちゃの総額が2〜3万円程度になります。他社では1回15,000円前後のところが多いので、イクプルは他より高価な知育玩具で遊べます。

イクプルで借りられるおもちゃ

イクプルで借りられるおもちゃを紹介します。

イクプルの公式ホームページによると、次のようなおもちゃがレンタルできるようです。

画像出典:IKUPLE


これを見ると月齢に応じて、最適なおもちゃがセレクトされることがわかりますね。

2歳半の例を見ると、数字が学べるおもちゃから、ピアノ、おままごとセットまでついてきます。
これだけあれば、子供もしばらくは遊んでくれそうです。

\初回990円から試せる!/

イクプルのメリット

イクプルのメリットを紹介します。

メリット1:他社より高額なおもちゃが借りられる

他社では、1回に借りられるおもちゃの総額は15,000円程度が多いです。

一方、イクプルでは、レギュラーコースであれば1回に借りられるおもちゃの総額は2〜3万円です。
月額料金は他社とほとんど変わらないので、お得に感じられますね。

レギュラープランであれば、2ヶ月で7,400円ですので、その額で2〜3万円分のおもちゃと遊べるのは魅力的です。

メリット2:おもちゃの個数が3個のライトプランがある

他社では、6個前後のプランとなり、個数を変えられるプランはありません。

一方、イクプルでは、おもちゃの個数が3個のライトプランがあります。
月額料金も、2,490円となり費用を抑えられます。

家にある程度おもちゃがある場合は、このような個数が少なめのプランでも十分です。

メリット3:日用品を一緒に届けてくれる

イクプルでは、日用品も合わせて届けてくれるサービスがあります。
ティッシュやトイレットペーパーなどを会員価格で購入ができ、おもちゃと一緒に届けてくれます。送料は無料です。

ティッシュとかは、買いに行くとかさばるりますよね。自宅まで届けてくれるのは助かります。

メリット4:おトクなポイント制度がある

イクプルでは、定額レンタルや合わせ買い商品の購入、レンタルしたおもちゃの購入などを行うと、利用金額の5%がポイント還元されます。

ポイントは1ポイント1円として商品を購入できます。
ポイントを使って、さらに日用品などを購入できるのでお得です。

メリット5:おもちゃのリクエストが可能

イクプルでは、「叩くもの」とか「積み木」といったようなおもちゃの特徴やジャンルのリクエストができます。
リクエストフォームや、お届け時に同梱しているアンケート用紙に要望を書くと、次のおもちゃのセレクト時に考慮してくれます。

ただ、メーカーや商品を指定することはできません。

メリット6:気に入ったおもちゃの延長や購入が可能

子供がおもちゃを気に入ってしまった場合は、そのおもちゃを返してしまうと、泣いてしまうかもしれません。
イクプルでは、子供が気に入ったおもちゃを延長できるので安心です。

また、レンタルしているおもちゃを購入できます。
せっかく子供が興味を示したおもちゃであれば、購入してずっと使って欲しいですよね。

色々なおもちゃを試して子供の興味や関心を発見できるのも、おもちゃのサブスクの良さだと思います。

メリット7:最初の2ヶ月はお試し価格で利用できる!

イクプルでは、最初の2ヶ月はお試し価格で利用できます。

レギュラープラン:月額3,700円→1,500円
ライトプラン:月額2,490円→990円
※送料は無料(北海道、沖縄も無料)


ライトプランであれば、990円でお試しができます。
この価格であれば、とりあえず試してみるといったことも可能ですね。

\初回990円から試せる!/

イクプルのデメリット

一方、イクプルのデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

デメリット1:おもちゃを交換する時、おもちゃが自宅にない期間がある

イクプルでは、おもちゃの返却の確認を行ってから、次のおもちゃを発送します。
そのため、自宅におもちゃにない期間ができてしまいます。

返却してから次のおもちゃの発送まで次の期間がかかります。

返却してからイクプルに届くまで:1〜2日
次のおもちゃが発送されるまで:1〜3日
発送してから自宅まで届くまで:1〜2日

つまり、おもちゃの交換の時は、3日〜7日の時間が空いてしまいます。

その間は自宅におもちゃがないので注意が必要です。
ただ、何個か自宅に残して、一部交換することも可能ですので、うまく利用したいです。

デメリット2:沖縄と北海道は送料がかかる

基本的には送料は無料ですが、沖縄と北海道は送料がかかります。

沖縄:800円
北海道:500円


沖縄と北海道に住んでいる方は、他のおもちゃのサブスクより少し料金が高くなってしまいます。

デメリット3:実績が少なめ

イクプルは、2019年の5月にサービスが開始されました。
まだ、1年と少ししか経過していないため、実績が少ないです。

インターネットの情報や口コミも少ないので、実際に使ってみないとわからないこともありそうですね。

イクプルの口コミ・評判・レビュー

イクプルの評判はどうでしょうか。
インターネットやSNSから、口コミ・評判を紹介したいと思います。

公式ページにかかれている口コミを紹介します。

どのおもちゃも娘が大好きでとても助かりました。

成長とともに興味のわくおもちゃも変わっていき、親としてそれを見守るのはとても喜ばしいなと思います。

引用:IKUPLE

おもちゃのサブスクのメリットは、年齢に応じてレンタルできることですね。
買った場合は、月齢が高くなると、小さい頃に買ったおもちゃが不要になり、処分に困ることもあります。

自分たちで選ばないおもちゃに触れられたり、自分で買うには少し値段が高いものもあるので、経験してから購入できるのが良いです!

引用:IKUPLE

自分たちでは選ばないおもちゃに触れられるのもオススメポイントです。
買う場合は、どうしても親の趣味で決めてしまうこともあります。おもちゃのサブスクを使えば、おもちゃのコンサルタントが、子供のことを考えてセレクトしてくれます。


他にもこのような口コミがありました。

  • 有名ブランドのおもちゃがたくさん試せるのが良かった。
  • 自分だったら絶対選ばないおもちゃで遊べるのが良かった。
  • 月額3,700円はやはり少し高い気がする。
  • おもちゃの返却が確認してから送るシステムなので、おもちゃが手元にない期間が存在する。

まとめ

本記事では、おもちゃのサブスク(定額レンタルサービス)のIKUPLE(イクプル)について解説しました。

もう一度メリットを整理します。

  • 他社より高額なおもちゃが借りられる
  • おもちゃの個数が3個のライトプランがある
  • 日用品を一緒に届けてくれる
  • おトクなポイント制度がある
  • おもちゃのリクエストが可能
  • 気に入ったおもちゃの延長や購入が可能
  • 最初の2ヶ月はお試し価格で利用できる!


イクプルでは、最初の2ヶ月は990円から利用できます!

まずは、お試し価格で試してみて、おもちゃの内容や子供の反応を試してみたいですね。

\初回990円から試せる!/


▼他のおもちゃのサブスクについてはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(ITエンジニア×ブロガー) | 元サラリーマン(SE歴13年) | 常にIT技術を追求 | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる