>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

【LITALICOワンダー(リタリコワンダー)】料金や口コミ・評判などを徹底解説!

今や小学生でもプログラミングを学ぶ時代がやってきました。

2020年度から小学校で始まり、2021年度からは中学校でもプログラミング教育が始まります。親としては、昔そんな授業はなかったので、どのように教えていいのかわからないですよね。

子供にプログラミングを学ばせた方が良いのか?プログラミングの塾とかあるのか?など疑問が多いかと思います。

今日は、IT×ものづくりの「LITALICOワンダー(リタリコワンダー)」について詳しく紹介します。

目次

LITALICOワンダーとは

LITALICOワンダーとは

LITALICOワンダーとは、就労支援や学習塾を行っている株式会社LITALICOが運営する、子供向けのIT×ものづくり学習教室です。

プログラミングなどの技術より、子どもたちが自分たちで考え、何かを形にする経験から得られる力を大切にしています。

LITALICOワンダーのコース・価格について

LITALICOワンダーでは、年長から高校生までを対象に、最新のテクノロジーを活用したコースがあります。

ゲームやアプリを製作する「ゲーム&アプリ プログラミングコース」「ゲーム&アプリ エキスパートコース」、ロボットを製作する「ロボットクリエイトコース」「ロボットテクニカルコース」、3Dプリンタなどでモノづくりする「デジタルファブリケーションコース」の5つがあります。

コース対象価格
ゲーム&アプリ プログラミングコース年長〜高校生1回4,000円(税抜)〜
ゲーム&アプリ エキスパートコース小学3年生〜高校生1回5,000円(税抜)〜
ロボットクリエイトコース年長〜小学3年生1回4,500円(税抜)〜
ロボットテクニカルコース小学3年生〜高校生1回5,250円(税抜)〜
デジタルファブリケーションコース小学1年生〜高校生1回5,250円(税抜)〜

別途入会金15,000円が必要です。

※料金は変更になる可能性があるので、最新の情報は公式ページをご参照ください。

▼公式ページはこちら

LITALICOワンダーの教室

LITALICOワンダーの教室は、現在、東京、神奈川、埼玉にあり、全18校あります。

主要駅にありますが、群馬や栃木からわざわざ通う人もいるくらい人気なスクールです。

東京

  • 三軒茶屋
  • 渋谷
  • 中目黒サテライト
  • 青山
  • 池袋
  • 赤羽
  • 秋葉原
  • 水道橋
  • 押上
  • 蒲田
  • 町田
  • 立川
  • 吉祥寺

埼玉

  • 大宮

神奈川

  • 川崎
  • 横浜
  • 東神奈川
  • 横浜桜木町

※教室一覧は変更になる可能性があるので、最新の情報は公式ページをご参照ください。
この他にも自宅からオンライン授業ができる「LITALICOワンダーオンライン」があります。

他社のプログラミングスクールとの比較

他社の子供向けプログラミングスクールと、価格・対象年齢などで比較してみたいと思います。

スクール教室所在地内容対象価格
東京渋谷校、東京秋葉原校
二子玉川校、大阪梅田校
プログラミング小1〜小6継続学習コース
教材2,000円/月
受講料19,000円/月
月3コマ(1回120分)
全国ロボット年長〜小310,000円前後/月
※各校で異なる
全国ロボット小3〜10,000円前後/月
※各校で異なる
ヒューマンアカデミー
ロボット教室
全国ロボット幼児〜
小学生
入会時10,000円
ロボットキット代28,500円
授業料9,000円/月
教材500円/月
東京、神奈川、埼玉ロボット
プログラミング
5歳から入塾料15,000円
1回4,000円〜
KOOVプログラミング講座全国ロボット小1〜10,000円前後/月
各校で異なる
QUREOプログラミング教室全国プログラミング小2〜小610,000円前後/月
各校で異なる

LITALICOワンダーのコースの詳細について

LITALICOワンダーの4つのコースの詳細を説明したいと思います。

ゲーム&アプリ プログラミングコース

パソコンやスマホで遊べるゲームや、iPhoneゲームを作ることによって、プログラミングの基礎を学ぶコースです。

対象年齢は年長〜高校生です。

ゲーム&アプリ プログラミングコースで使用する教材

Scratch(スクラッチ)

色々な教室でも採用している、小学生プログラミングのスタンダードです。
パソコンのマウスの操作で簡単にプログラミングをすることができます。

Viscuit(ビスケット)

タブレットのペイントツールで絵を書き、絵を動かすことによってプログラミングをしていきます。
年長さんでもプログラミングをすることができます。

進め方

LITALICOワンダーのプログラミングの授業には決まったカリキュラムはないです。

子供の習熟度や、好奇心にあわせて、コースを進めていきます。まさに、その人に合ったオリジナルコースといえますね。


例えばプログラミングが好きであれば、Scratchから始めて、マスターしたらより難易度が高いC#言語を使って3Dなどに挑戦する子供もいます。

また、ゲームだけでなくデザインも好きであれば、キャラクターのデザインに挑戦する子供います。

アンパパのアイコン画像アンパパ

楽しくゲームを作ることによって、プログラミングに対する興味を引き出してくれるコースですね。まずはプログラミングの第一歩としてこのコースを選択すると良いと思います。

ゲーム&アプリ エキスパートコース

Unityを使って本格的な3Dゲーム・VRゲームの製作や、HTML/Javascript/CSSを使ったWEB製作を行います。プログラミングの基礎を身につけたお子さんが、より応用的なものを作るコースとなります。

対象年齢は、小学3年生〜高校生です。

ゲーム&アプリ エキスパートで使用する教材

Unity(C#)

Unityは2D/3Dのゲームエンジンです。C#というプログラミング言語で本格的なゲームアプリが作れます。
またこれは、IT会社でも実務で使われる言語ですので、かなり実用的なスキルとなります。

HTML/CSS/Javascript

HTMLとは聞いたことがある人は多いと思います。
WEBページを作る時に使う言語ですね。
この技術を習得すれば、自分でホームページとかも作れるレベルになると思います。

進め方

ゲーム&アプリ エキスパートコースは決められたカリキュラムはありません。

子供がやりたい・作りたいと思ったことを達成するため、本コース専用の研修を受けたスタッフが全力でサポートします。


ここでUnityでゲーム製作し、バグを修正し完成度を高め、成果を発表会で発表することもできます。
将来はゲーム作りの仕事がしたい!と思うようになる子供もいるようです。

アンパパのアイコン画像アンパパ

より本格的なプログラミングが学べるコースです。ここで学ぶプログラミング言語は、実務でも使わている言語ですので、将来役に立つこと間違いなしです。

ロボットクリエイトコース

ブロックを組み立てたり、プログラミングをしながらロボット製作をします。

ロボット製作を通じ、モーターやセンサーの使い方やプログラミングの基本を知ることができ、機械が動く仕組みを学べるコースです。

対象年齢は、年長から小学3年生です。

ロボットクリエイトコースで使用する教材

レゴ®WeDo2.0

レゴのロボット教材です。専用のソフトウェアで、ロボットを簡単に操作することができます。
レゴなので、小さい子供でも直感的に扱えそうですね。

レゴ®WeDo2.0

レゴのロボットを動かすためのソフトウェアです。
マウスを動かすだけで、パソコンに詳しくなくても大丈夫です。

進め方

ロボットクリエイトコースは決められたカリキュラムはありません。

子供の習熟度や興味に合わせて、授業が設計されます。

例えば、ロボットをテキストで学び、オリジナルロボットを作成して、ロボットコンテストに出場する子供もいます。
また、プログラミングに興味があるようなら、Scratchで複雑なプログラミングをすることもできますね。

アンパパのアイコン画像アンパパ

ロボットは、今の時代非常に重要な分野です。まずは本コースで、レゴを使ってロボットに親しめるようになると良いですね。

ロボットテクニカルコース

センサーやモーターなどを理解しながら、より複雑なロボットを製作していきます。

より複雑なロボットの構造や、高度なプログラム制御を習得できるコースです。

対象年齢は、小学3年生から高校生です。

ロボットテクニカルコースで使用する教材

教育版レゴ®マインドストーム®EV3

中高等教育向けの実践的なロボット教材です。頭脳部品インテリジェントブロックと呼ばれるブロックに、プログラムを組み込むことで、ロボットを自由に制御することができます。

EV3ソフトウェア

レゴのロボットを動かすためのソフトウェアです。
マウス操作のみでプログラムを動かすことができます。

進め方

ロボットクリエイトコースは決められたカリキュラムはありません。

子供の習熟度や興味に合わせて、授業が設計されます。

例えば、オリジナルロボット製作を行い、友達とチームを組んでロボットコンテストに出場する人もいます。
また、「お手伝いロボット」といったような身近なものをテーマに取り組んでいる子供もいるようです。

アンパパのアイコン画像アンパパ

このコースを受けると、作りたいロボットを作ることができるようになりますね。将来、自分のアイデアを製品化することができるようになるかもしれません。

デジタルファブリケーションコース

最近話題の3Dプリンタを使い、自分のアイデアを形にすることができます。

実際にパソコンやタブレットでデザインを行い、3Dプリンタで出力するまでの流れを一通り習得することができます。

対象年齢は、小学1年生から高校生です。

デジタルファブリケーションコースで使用する教材

3Dプリンタ

3Dプリンタは、テレビでも話題になっていますね。色々なアイデアを、実際に形にすることができます。

レーザーカッター

レーザーで木材やアクリル板を切断したりすることができます。デジタルデータでデザインした通りに切り出すことが可能です。

進め方

デジタルファブリケーションコースは決められたカリキュラムはありません。

子供の習熟度や興味に合わせて、授業が設計されます。

例えば、3Dプリンタでフィギュアを作ったり、レーザーカッターでアクセサリや小物を作ったりします。

アンパパのアイコン画像アンパパ

このコースを受けると、作りたいロボットを作ることができるようになりますね。将来、自分のアイデアを製品化することができるようになるかもしれません。

LITALICOワンダーのメリット・デメリット

メリット

LITALICOワンダーのメリット

LITALICOワンダーを利用するメリットは次の通りです。

決められたカリキュラムがない

LITALICOワンダーの授業は、決められたカリキュラムがありません。

通常、他のプログラミングスクールであれば、テキストに従って進みますよね。

LITALICOワンダーの場合は、もちろんテキストはありますが、子供の作りたいものや興味を大切にして、主体的にものづくりができるようにフォローをしてくれます。

これによって、主体的に物事をやり遂げる力が身につき、創造力も高まりそうですね。

ベンチャーのようなモノづくり空間

LITALICOワンダーは、机がずらーと並んでパソコンがおいている、一般的な教室レイアウトではありません。

教室の一例を見てください。

LITALICOワンダーの教室
引用:LITALICOワンダー


まるでベンチャー企業のようですね!

このような自由な空間だからこそ、自由で豊かな発想ができると思います。

ときにはホワイトボードを使ったり、時には仲間と話たりしながら、モノづくりを行うことができます。

長期的に実用的なスキルが身につく

LITALICOワンダーのクラスは、年長から高校生までと、長い期間通うことができます。

年長や小学生低学年では、Scratchを使ってプログラミングの基礎を学び、さらに小学生中学年以降では、Unityを使った本格ゲームアプリを使うことができます。

Unityは、ゲーム制作会社でも使われるので、LITALICOワンダーに通い続ければ、現場の即戦力になるようなスキルを身につけることができます。

デメリット

LITALICOワンダーのデメリット

一方、デメリットはどのようなものがあるでしょうか?

月謝がやや高め

月4回のクラスで、24,000円の月謝となります。

これは、プログラミングやロボットスクールの中では高い部類に入ります。

ですが、先程メリットでも書きましたが、子供一人一人に応じた進め方で教えてくれたり、ベンチャーのような空間で作業できたりと、他のスクールとは違う環境で学ぶことができます。

やや高いですが、それ以上の価値はありそうです。

教室数が少ない

現状、LITALICOワンダーは東京、神奈川、埼玉の合わせて18校しかありません。

どうしても主要駅に多いようです。

ですので、多くの人は電車で通うことになりそうです。子供が小さければ、毎週送り迎えなどするのは少し大変です。

LITALICAワンダーの口コミ・評判はどう?

LITALICOワンダーの口コミ・評判

インターネットやSNS上で、このような口コミがありました。

良い口コミ

子供が好きなものを作れるので、何を作ろうか真剣に迷ってました。作るものが決まってからは、とても楽しそうに製作をしています。

スタッフの教え方がうまく、子供の特性にあった教え方をしていました。子供が困っていたら、ヒントを与えたりして、解決に導いてくれます。

悪い口コミ

すごく魅力的なスクールですが、ちょっと遠いので、通うのは断念しました。

長く通わせたいが、ちょっと月謝が高く、厳しいです。

まとめ

LITALICOワンダーの料金や口コミを紹介します | まとめ

今回は、IT×ものづくりの「LITALICOワンダー(リタリコワンダー)」について紹介しました。


あらためてLITALICOワンダーのオススメポイントを説明すると次の通りです。

オススメポイント
  • カリキュラムにとらわれず、子供が主体的に製作に取り組むことができる
  • オープンな空間で自由な発想をしながら学べる
  • 本格的なプログラミングも学ぶことができる

LITALICOワンダーは、オープンな空間で自由な発想でものづくりを体験できます。子供の創造力を養うには、ベストな環境ですね。

まずは無料体験ができるので、子供と一緒に試してみてはいかがでしょうか。

▼公式ページはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(ITエンジニア×ブロガー) | 元サラリーマン(SE歴13年) | 常にIT技術を追求 | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる