M-1グランプリ2019の感想

流行・トレンド

今年もめちゃくちゃ笑いました。

M-1グランプリの個人的な感想です。

スポンサーリンク

ファーストラウンド

ニューヨーク

コンビ結成9年、始めてのM-1決勝。

「ラブソング」ネタ。ひたすら曲にのせて、話が展開していくネタ。

1曲の中で、複数の人に恋に落ちたり、マッチングアプリがでてきたり、パプリカがでてきたり、米津のPVの踊りがでてきたり。

ボケの数がめちゃくちゃ多くてすごかったけど、大ウケするレベルではなかったかな。

皮肉ネタを期待していたが、にこやかな感じのネタだったので、少しだけ残念でした。

かまいたち

早いタイミングで来ました!かまいたち!

UFJとUSJを言い間違えるって、日常生活でもよくある話だけど、こんなに面白くするって、本当にかまいたちすごい!

UFJとUSJを間違えたのは山内なのに、濱家のせいにして開き直るってのはかなり斬新。

審査員の点数も90点オーバーと高得点。

この時点で上沼さんがグランプリって宣言してしまうのも笑いました。

敗者復活→和牛

カミナリやトム・ブラウン、ミキなど接戦を制したのは、やはり和牛!和牛が選べれてちょっと泣きました。

部屋探しのネタ。

部屋探しなのに、人が住んでいるところばっか紹介していく不動産屋。最後は、コウモリ、2階から悲鳴が聞こえてくるような物件だけど、人が住んでいないから「いいね!」と言ってしまうような展開。

最初は「これはどうなのか?」と思いましたが、どんどん盛り上がるような展開で、さすがだと思いました。

ただ、最初からもっと飛ばしてほしかったな〜

すゑひろがりず

時代を超えたコント。

「先日合コン行ってきました」

合コンの略が「豪華なる金色堂、それ中尊寺!ぽん!」でさっそくツボりましたw

時代を超えた居酒屋ネタなんて始めて見ました。

昔バージョンのコールとか笑っちゃったけど、一気はさすがにまずいでしょう(笑)

山手線ゲームではなく、山手線遊び。

寿返し=ハッピーターン、長芋=ポテロングと、色々ツボりました。

居酒屋以外にも色々とネタが広がりそうでこれからも楽しみですね。

からし蓮根

初めての決勝進出!

教習所ネタで、ボケまくりが爽快でした。

個人的にはもう少し爆発がほしかったけど、これだけボケを繰り広げられるのはすごいです。

上沼さん、大ファン発言!テンションあがりまくりで、ネタより上沼さんの方が面白いという… 突然の和牛バッシングとか可愛そすぎる…

上沼さん、完全に酔っ払っているのでしょうか(笑)

見取り図

ひたすらお互いを褒め合うが、褒めになっていないネタ。

「あおり運転の申し子」「激弱のバチェラーの顔して〜」「熱中症の櫻井翔みたいな顔しといて」とか、普通に悪口になっているのが面白い。

盛山の暑い感じだけど、なんか可愛さがあるのがたまりません(笑)

ミルクボーイ

「コーンフレークは寿命に余裕があるから食べてられる。」

「コーンフレークとミロとフルーチェは子供の時憧れる。」

「コーンフレークは、パフェなんかのかさマシに使われている。」

「コーンフレークは生産者の顔が浮かばない。トラが腕組む姿しか浮かばない。」

「コンフレークを中華料理のテーブルにおいたら飛び散る」

コンフレークは煩悩の塊!

おじさんが、「コーンフレーク」を連呼するのは斬新すぎて笑いまくりました!

コンフレークというワードだけで、こんなに笑いをとれるなんて思いませんでした。

まさかの審査員全員が96点オーバー、M1史上最高得点!

明日はコーンフレークが売れると思います(笑)

オズワルド

結成5年、初めての決勝戦進出。

先輩の顔を立てるために、どうすればいいのか?というネタ。

メガネのツッコミがたんたんと突っ込んでいく感じがシュールでよかったです。

不思議な展開だったが、ちょっとわかりづらかったような感じも否めません。

面白いはずなんだけど、ミルクボーイの後でインパクトが薄れてしまった感があります。

インディアンス

おっさん女子とデートネタ。

ボケがボケ倒す感じが、ザキヤマのような雰囲気がありました。

漫才というよりは、ボケのおやじギャグ特集といった感じがしました。

個人的には、もっと王道の漫才が好きなため、少し微妙だったかな…

ぺこぱ

第一印象、メイク濃いぃ!

タクシー運転手ネタ。

メイク濃い人がいちいちウザいけど、一回一回の言動についつい笑ってしまう。

「チャラ芸人になるしかなかったんだ…」という自虐ネタの下りでめちゃ吹きましたw

松本さんいわく、ノリツッコまないボケ

新しいお笑いの姿を見せられた気がします!

そして、なんと和牛を抜いて第3位に!これまた衝撃な展開ですね。

ファイナルラウンド

ぺこぱ

お年寄りには優しくするというネタ。

「お年寄りがお年寄りに席を譲る時代がすくソコまで来てる」

「漫画みたいなボケをするんじゃないよ!っていうけどその漫画ってなんですか」

一個一個が格言のようなコントが、じわじわとくるスルメのような感じで、ずーっと聞いていたくなります。

ファーストラウンドよりめちゃツボってしまいました。

かまいたち

映画のとなりのトトロを見たことない自慢のネタ。

手品は自慢にならない。手品は誰かが追いつくかもしれないが、「トトロを見てない」は、見ちゃった人にはできない。

たったこれだけなのに、面白い。

ミルクボーイ

「モナカはあんな甘いのに子供に人気がない」

「モナカの大食いギネス記録は2やねん」

コーンフレークネタのモナカバージョン。

モナカの家系図の下りは面白かったけど、やっぱりコーンフレークネタの初見には敵わない。

しかし、勢いがあるしやっぱり面白い!

結果発表

今年の優勝は、ミルクボーイ!

審査員7人中6人が選ぶという、文句なしの優勝でしょう!

いやー、まさかすぎるね!

途中までは、今年こそ和牛か?、それともかまいたちか?と思っていました。

そこで、ミルクボーイのコンフレークネタがぶっこまれ、M-1史上最高得点がでるという展開。破壊力がすごかったです。

ミルクボーイ、本当におめでとうございます。

PS. いまだに、「コンフレークは煩悩の塊!」が頭の中でリピートされています(笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

流行・トレンド
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました