>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

【2020年最新】音楽のサブスクをわかりやすく比較

近年、色々な会社から音楽のサブスクサービス(音楽配信サービス)が登場しています。
今まで、CDを買っていた人も、レンタルしていた人も、サブスクを使うようになり始めました。

多くのアーティストでサブスク解禁しているため、今やレンタルしなくても良い時代になりました。

まだ音楽のサブスクを使っていない方は、一度は使ってみたいと思っているのではないでしょうか。

本記事では、これから音楽サブスクを使ってみたいと考えている方のために、たくさんある音楽のサブスクサービスについて、選びやすいように比較したいと思います。

目次

音楽のサブスクのメリット・デメリット

音楽のサブスクのメリット・デメリット

音楽のサブスクをまだ使っていない方のために、サブスクを使うメリットとデメリットを説明します。

音楽のサブスクのメリット

購入・レンタルするより安い

サブスクを使えば、買ったりレンタルするより安い場合が多いです。
CDを購入する場合、シングルなら1,000円、アルバムなら3,000円前後しますよね。サブスクの場合月額1,000円前後ですので、月にCDを1枚以上買っているのであれば、サブスクの方が安いです。

レンタルの場合は、1枚300円前後だと思います。月に3〜4枚レンタルしている方でしたら、サブスクの方がお得です。

いつでもどこでも聴きたい曲が聴ける

音楽のサブスクなら、いつでもどこでも聴きたい曲が聞けます。

CDの場合は、パソコンに取り込んだり、iPodや音楽プレーヤーに取り込まないといけませんよね。意外とこの作業が面倒だったりします。

音楽サブスクの場合、聴きたいと思ったら、ボタンを1回クリックするだけで曲を再生できます。
買ったり、レンタルしたり、曲を取り込んだりといった手間がかからないのもサブスクの魅力です。

新しい音楽を発見できる

音楽のサブスクによっては、「この曲好きな方は、この曲もオススメ」といったようなサジェスト機能があります。

この機能のおかげで、今まで聴いてこなかったバンドの曲をどんどん発掘できます。
私もサブスクのおかげで、どんどん音楽の幅が広がりました。

新しいバンドも発掘できて、ますます音楽が好きになりました。

音楽サブスクのデメリット

辞めたら曲を聞けなくなる

音楽サブスクを退会してしまったら、曲を聞けなくなります。

CDを購入やレンタルした場合は、パソコンに取り込めばずっと聴けますよね。音楽サブスクの場合は、辞めたら全ての曲が聴けなくなります。

つまり音楽を聴きたければ、ずっとサブスクを続けなければならないということですね。

サブスク解禁していないバンドがある

音楽のサブスクは、最近「サブスク解禁」しているアーティスト・バンドが増えてきました。

「サブスク解禁」とは、今まではCDのみでリリースしていたアーティストが、サブスクサービスでも配信するようになったことです。

2020年に入り、Hi-STANDARDやRADWIMPS、米津玄師など主なアーティストやバンドが続々とサブスク解禁しました。
ですが、B’zなどまだまだサブスク解禁していないバンドも多いです。

全てのアーティスト・バンドが聴けるとは限らないので注意しましょう。

音楽サブスクをわかりやすく比較

音楽サブスク各社の料金、曲数、特徴についてわかりやすく表でまとめました。

サブスク月額料金曲数特徴
980円6500万曲プライム会員だと年額7800円とお得
Spotify980円5000万曲世界No1シェア、無料でもフル尺聞ける
Apple Music980円7000万曲Appleデバイスと相性最強
Line Music980円6500万曲LINEとの連携機能が豊富
AWA980円7000万曲邦楽が豊富、使いやすい
Youtube Music Premium980円圧倒的な曲数Youtube Premiumプランだと、Youtubeを快適に見れるようになりオススメ!
HMV music980円5500万曲ローチケプレリク抽選先行当選確率アップなどの特典が豊富
ANiUTa600円10万曲アニソン特化
Rakuten Music980円 5600万曲楽天ポイントを使える、貯まる
KKBOX980円 5000万曲K-POPなどアジア系の楽曲に強み

音楽サブスクサービス10選

それぞれの音楽サブスクサービスについて、詳しく説明します。

Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimited
引用:
項目説明
運営会社Amazon.com
月額料金個人プラン:月額980円(プライム会員の場合は780円)
ファミリープラン(6名まで):月額1,480円
学生プラン:月額480円
高音質:月額1,980円(プライム会員の場合は1,780円)
Echoプラン:月額380円
楽曲数6,500万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・プライム会員だとお得
・Amazon Echoとの相性は抜群

Amazon Music UnlimitedはAmazonが運営する音楽のサブスクサービスです。

Amazonプライム会員だと、月額780円となりかなりお得に利用ができます。スマートスピーカーのAmazon Echoから登録して、Echoでのみ聴けるプランであれば380円と格安。

Amazon Echoとの相性は抜群で、特に特別なことしなくても「アレクサ、○○をかけて」といえば、すぐに曲を聞けます。

Amazonプライム会員やAmazonデバイスを利用している方におすすめのサービスです。

公式ページはこちら >>

Spotify

Spotify
引用:Spotify
項目説明
運営会社Spotify
月額料金Standard:月額980円
Duo(2名):月額1,280円
Family(6名):月額1,480円
Student:月額480円
楽曲数5,000万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・無料プランでも制限があるもののフルで聴ける
・Duoプランが珍しい
・サジェスト機能が豊富

Spotifyはスウェーデンの会社が立ち上げた音楽ストリーミングサービスです。2019年現在世界で2億3,200万人が利用していて、世界最大手となっています。

Spotifyは無料プランでも、広告あり・シャッフル再生という制限付きですが、フルで曲を再生できます。ただ、やはり広告が3曲くらいに1回はさまるのは、少し邪魔ですよね。ですので、有料プランにする方は多いです。

Spotifyの魅力は、人の好みに応じてプレイリストを作ってくれる機能です。自分で曲を選ばなくても、好きな曲がずっと流れるのは嬉しいですね。

また、自分の好きな曲と関連する曲をどんどん紹介してくれるので、音楽の幅が広がります。新しい曲をどんどん発掘したい方におすすめのサブスクです。

公式ページはこちら >> Spotify

Apple Music

Apple Music
引用:Apple Music
項目説明
運営会社Apple
月額料金個人:月額980円
ファミリー:月額1,480円
学生:480円
楽曲数7,000万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・Appleデバイスとの相性が最強
・iTunes Storeで購入した楽曲と一緒に管理できる

Apple MusicはAppleが運営する音楽配信サービスです。
AppleはもともとiTunesというメディアプレーヤーがあるように、音楽には強みがあります。

Apple Musicは、Appleデバイスとの相性はとても良いです。たとえば、Apple watchがあれば、iPhoneとかがなくても利用できます。

また、Apple Musicで聴きたい曲がなくてもiTunes Storeで購入ができ、一緒に曲を管理できます。
このようにAppleが好きな方、Appleをよく利用する方におすすめのサービスです。

公式ページはこちら >> Apple Music

LINE Music

LINE Music
引用:LINE MUSIC
項目説明
運営会社Line
月額料金一般:月額980円
ファミリー(6人):1,480円
学生:480円
楽曲数6,500万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・カラオケ機能がある
・LINEへのシェア、LINE着うたの設定、プロフィールBGM設定などのLINE連携機能が豊富
・ミュージックビデオも見れる

LINE MUSICはLINEが運営する音楽配信サービスです。

LINE MUSICの特徴は、LINEへの連携機能が豊富なことです。
例えば、LINEのプロフィールBGMが設定できたり、LINEの着うたを設定できます。

また、ミュージックビデオの視聴ができるのもLINEならではのサービスです。

LINE MUSICはLINEを良く使う若い方にオススメのサービスです。

公式ページはこちら >> LINE MUSIC

AWA

AWA
引用:AWA
項目説明
運営会社AWA株式会社
月額料金STANDARD:月額980円
学生:月額480円
楽曲数7,000曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・クールなデザインと使いやすさ

AWAは、サイバーエージェントとエイベックス・デジタルが共同出資して設立したAWA株式会社が運営する音楽ストリーミングサービスです。

AWAは、クールな画面や操作性が魅力です。
流行りの曲を表示してくれる「BROWSING」画面や、過去の再生履歴からオススメの曲を表示してくれる「DISCOVERY」画面、ジャンル別に表示してくれる「GENRE」画面があり、曲を探すのが簡単です。

日本の会社が運営しているので邦楽にも強いですね。

AWAは、クールなデザインで使いやすさを求める方におすすめの音楽サブスクです。

公式ページはこちら >> AWA

Youtube Music Premium

Youtube Music Premium
引用:Youtube Music Premiu
項目説明
運営会社Google
月額料金個人:980円
ファミリー(5名):1,480円
学生:480円
楽曲数圧倒的な曲数
歌詞表示
オフライン再生
特徴・Youtubeを便利に利用できる月額1,180円の「Youtube Premium」がオススメ

Youtube Music Premiumは、Youtubeが作り出した音楽配信サービスです。
曲数は公開されていませんが、圧倒的な楽曲数を誇ります。

このサービスは他の音楽サブスクとあまり変わらないのですが、月額1,180円のYoutube Premiumサービスを使うと、かなり便利になります。Youtube Premiumでは、音楽配信サービスに加え、Youtubeを便利にする機能がたくさんあります。
例えば、広告なし再生や、動画なし再生、バックグランド再生などです。

Youtubeを便利に効率よく使いたければ、Youtube Premiumサービスがオススメです。

公式ページはこちら >> Youtube Music Premium

HMV music

HMV music
引用:HMV music
項目説明
運営会社ローソンエンタテインメント
月額料金月額980円(ローソンWEB会員の場合)
楽曲数5,500万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・HMVキュレーターによるプレイリスト
・ローチケプレリク抽選先行当選確率アップなどの特典が豊富

HMV Musicは、ローソンエンタテイメントがアジア大手の音楽配信サービス業者KKBOX JAPANと協力して運営している、音楽専門店HMVの音楽サブスクです。

HMV Musicの特徴は、HMVキュレーターによる魅力的なプレイリストです。長年CDショップを運営していたHMVが作るプレイリストを聴いて、話題の音楽や隠れた名曲をどんどん発掘したいですね。

また、HMV Music(ローソンWEB有料会員)を利用すると、「ローチケプレリク抽選先行当選確率アップ」や「HMVポイント倍率アップ」といった特典もあります。

HMVやローソン系のサービスをよく利用する方にはメリットのある音楽サブスクです。

公式ページはこちら >> HMV music

ANiUTa

ANiUTa
引用:ANiUTa
項目説明
運営会社ANiUTa(アニュータ)
月額料金月額600円
楽曲数10万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・アニソン専門の音楽配信サービス
・アニメタイトルで検索可能
・イベントチケットの先行応募

ANiUTa(アニュータ)は、アニソン専門の動画配信サービスです。
アニメソングだけでなく、ボーカロイド、声優、ゲームソングなど、約10万曲配信されています。

アニメタイトルで検索できたり、アニメ特集があったりと、アニメ好きには嬉しい機能がたくさんあります。
また、アニメイベントチケットの先行応募ができるなどの特典も魅力です。

アニメや声優、ゲームなどが好きな方は、外せない音楽サブスクです。

公式ページはこちら >> ANiUTa

Rakuten Music

Rakuten Music
引用:Rakuten Music
項目説明
運営会社楽天
月額料金980円
楽曲数5,600万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・楽天ポイントが貯まる、使える

Rakuten Musicは楽天が運営する音楽配信サービスです。

楽天サービスの一つですので、楽天ポイントを使ったり貯めたりできることがメリットです。
1日10曲聴くと5ポイントもらえるというユニークなポイントサービスもあります。

また、楽天ペイでの支払いも可能です。

Rakuten Musicは、楽天サービスを良く利用する方におすすめの音楽サブスクです。

公式ページはこちら >> Rakuten Music

KKBOX

KKBOX
引用:KKBOX
項目説明
運営会社KKBOX JAPAN合同会社
月額料金980円
楽曲数5,000万曲
歌詞表示
オフライン再生
特徴・K-POP、C-POPなどアジア系の音楽に強み
・Listen withという友達とチャットできるソーシャル機能搭載
・ライブの視聴が可能

KKBOXは、台湾発祥のストリーミングサービスで、K-POPやC-POPといったアジア系の音楽に強みがあります。

Listen withという友達やアーティストと一緒に同じ音楽ができるチャットできるソーシャル機能がユニークですね。
ライブ中継なども見れるなど、他の音楽サブスクと違った特徴が多いです。

KKBOXは、J-POPだけでなくK-POPやC-POPが好きな方にオススメの音楽サブスクです。

公式ページはこちら >> KKBOX

まとめ

【2020年最新】音楽のサブスクをわかりやすく比較 | まとめ

本記事では、音楽のサブスクを比較しました。
あらためて、各サービスの特徴をまとめると下記の通りです。

サブスク月額料金曲数特徴
980円6500万曲プライム会員だと年額7800円とお得
Spotify980円5000万曲世界No1シェア、無料でもフル尺聞ける
Apple Music980円7000万曲Appleデバイスと相性最強
Line Music980円6500万曲LINEとの連携機能が豊富
AWA980円7000万曲邦楽が豊富、使いやすい
Youtube Music Premium980円圧倒的な曲数Youtube Premiumプランだと、Youtubeを快適に見れるようになりオススメ!
HMV music980円5500万曲ローチケプレリク抽選先行当選確率アップなどの特典が豊富
ANiUTa600円10万曲アニソン特化
Rakuten Music980円 5600万曲楽天ポイントを使える、貯まる
KKBOX980円 5000万曲K-POPなどアジア系の楽曲に強み

どのサービスでも、価格帯や曲数は似ていますが、それぞれ特徴があります。

各サービスでは、無料体験できるので、色々試してみて自分ぴったりの音楽サブスクを見つけたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(ITエンジニア×ブロガー) | 元サラリーマン(SE歴13年) | 常にIT技術を追求 | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる