【2019/12/16まで早割52%OFF】年賀状作成はしまうまプリントがめちゃくちゃラク!

ライフハック

どうも、アンパパです!

12月になり、色々年末に向けて忙しくなってきましたよね。仕事も大詰めを迎え、忘年会やら大掃除やら何かと忙しいです。(正直、ブログなんて書いている余裕はないですね)

さらに忙しくしているのが、年賀状作成ではないでしょうか。

結婚する前は、あまり年賀状を書かなかったのですが、結婚した後は親戚、友達に年賀状を送っています。個人的には年賀状の文化はあまり好きではないですが、年に1回くらいは近況報告がてら送るのはアリかなと思うようにしています。

ちなみにアンパパは、おととしまでは年賀状は自宅でプリントしていました。皆さんも経験があるかもしれませんが、年賀状の自宅プリンタは想像以上に大変ではないでしょうか?

アンパパもこんな感じでした。

  • プリントしようと思ったらトナー切れ
  • 年賀状のデザインどうしよう
  • 宛名管理どうしよう
  • 試しに印刷してみたら、バランスが悪かった
  • ずれた!
  • まきこまれた!
  • またトナー切れ?
  • 年賀状足りない!

こんな感じで、時々イライラしながら丸一日がかりでした。

そこで、アンパパは、去年からしまうまプリントを利用しています。

これがめちゃくちゃラク!今回は、そんなしまうまプリントを紹介したいと思います。

とにかくラク!しまうまプリント

しまうまプリントがどのくらいラクか紹介したいと思います。

年賀状のデザイン作成がラク

まず、意外と時間をとられるのがデザイン作成ではないでしょうか。

一から考えるのは結構大変ですよね。

しまうまプリントだったら、クリエーターが作成したデザインがWEBから簡単に選べます。そのデザインに、自分たちの写真をはめこみ、挨拶文を編集して終わりです。

実際の編集画面はこんな感じです。

引用:しまうまプリント

試しにアンパパの画像を入れてみました(笑)

引用:しまうまプリント

操作感もめちゃくちゃ簡単で、10分くらいで完了しました。

宛名管理もラク

宛名管理もかなりラクです。宛名管理の画面はこんな感じです。

引用:しまうまプリント

入力画面も簡単で、宛名1つについて2〜3分程度で入力することができます。

なによりも嬉しいのは、1回登録すれば翌年はそのまま流用できることですね。名前や住所の変更や、追加もあるかと思いますが、2年目以降は、さくっと数十分作業すれば完了です。

配送もラク

年賀状を印刷してもらった後は、そのまま投函してもらうこともできるし、一回自宅に宅配便で送ってもらうこともできます。

我が家では、できあがったデザインに手書きで一言追加したいので、一回自宅に宅配便で送ってもらっています。

送料は無料なのも嬉しいポイントです。


こんな感じで、WEBでデザイン作成と宛名を登録してしまえば、あとはおまかせです!

50枚くらいであれば、初年度は宛名登録があるので2〜3時間かかりますが、2年目以降はなんと1時間程度の作業時間ですむと思います。

お値段も高くはない!

こんだけラクだと、お値段が気になりますよね。

だけど実際は、そこまで高くはないです。

しまうまプリントの料金体系は、このようになっています。

引用:しまうまプリント

例えば、50枚で計算してみたいと思います。

  • 基本料金 1,980円
  • はがき代 63円×50枚
  • プリント料金 14円(=早割価格、通常30円)×50枚

合計は、5830円です!面倒な作業がないと考えればそこまで高くはないと思いませんか?

また、基本料金がウェイトをしめているので、枚数が増えれば増えるほどお得になる計算です。

枚数が多いのであれば、特にしまうまプリントがオススメです。

まとめ

今回は、アンパパが昨年から利用しているしまうまプリントを紹介しました。

なかなか大変な年賀状作成をもっとラクにできれば、年末をもっとゆっくり過ごせますよね。その浮いた時間で、もっと入念に大掃除したり、もう1件忘年会に参加したり、家族サービスを行えたりできると思います。

ぜひ、このようなサービスを活用してみてはいかがでしょうか。しまうまプリントのホームページで料金計算なども行えるのでぜひご活用下さい。



タイトルとURLをコピーしました