>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

【QRコード決済疲れ】あーもう乱立してめんどくさい!これからのコード決済活用法

私は、今QRコード決済系のアプリは、「PayPay」「LINE Pay」「d払い」「origami」「メルペイ」の5つ入れています。「楽天ペイ」も検討中です。


<2020/2/8追記>
origamiはメルペイに買収されてしまいましたね…


最近少しQRコード決済に疲れてきてしまった感じがあります。ゲームにおいても、○○疲れといった言葉はありますよね。ポケモンGoにハマっていた頃は、やりすぎて、あるときプツっとポケGo疲れになり、それ以来やっていません。


これはいうならば、「QRコード決済疲れ」ってやつですかね。


ゲームと違い、単なるコード決済アプリなのに、何故そんな疲れる現象が起きてしまったのでしょうか?少し考えてみたいと思います。
また、これからどうQRコード決済を活用してばいいか考えていきたいです。


目次

何故QRコード決済に疲れたのか

1番の原因は乱立していること

やはり、QRコード決済が乱立していることが1番大きい原因かと思います

アンパパのアイコン画像アンパパ

あーもうQRコード決済乱立しすぎ!色々めんどくさい!



そもそもインストールやクレカを登録する作業も大変ですし、5つコード決済アプリを登録すると、各社からのお知らせ通知が毎日のように届きます。これを確認する時間も結構とられますよね。

通知をオフにすれば解決しそうですが、一度通知をオフにしたせいで、200円オフクーポンとかを見逃して悔しい思いをしたことがありました。それ以来、結局通知オンに戻しました。

また、各社使えるお店とかも違うため、その都度確認しなければならなかったり、どちらが還元率が高いのか?などを考えると、結構頭を使いますよね。

たかが決済アプリのために、悩んだり時間を使ったりしたくないです。こんなちょっとした時間がどんどんとられてしまい、その結果疲れたと感じてしまったようです。


キャンペーン・クーポンに振り回された

キャンペーンやクーポンに振り回された感じもあります。

アンパパのアイコン画像アンパパ

PayPayで20%還元?メルペイだと50%?orgamiは?もうわけわからなーい!



「このクーポンは期間限定だから、絶対に行かなければ!」といった心理が働き、家からちょっと遠いミニストップに行ってました。

よくよく考えればたかが100円くらいの得にしかならないのに、往復30分かけて買いに行くなんて馬鹿でしたね。

また、20%還元キャンペーンも各社でやっていたため、色々なアプリで決済しました。その結果、色々なアプリにポイントが還元されたため、もうどのアプリに何ポイントがたまっているかも把握できない状態になっていまいました。

ポイントを確認するのも面倒くさいし、数十円のポイントがためっていても使い道がないですからね。

origamiのように、その場で還元されるものはラクですが、数ヶ月後にポイントがたまるようなものですと、その頃には忘れて、いつの間にかポイントの期限が切れている可能性もあります。

キャンペーン・クーポンは一見お得ですが、労力などを考えた時、本当にお得かは考えたいところです。


オペレーションが簡単ではない

QRコード決済は、スマホを見せれば簡単に決済できると言われていますが、実際にはそうではないこともあります。

アンパパのアイコン画像アンパパ

すみません「Line Pay」でお願いします!


「LINE Payで」と言っても、ちょっと不慣れな外人のアルバイトだと「PayPay?」と聞き返されたり、オペレーションが複雑で何か間違えたのかアラート音が響き渡ったり、スムーズにいかないこともありました。

コード決済ではないですが、「Edy」と「iD」は何回も間違えられて、ちょっと私も店員も不機嫌になってしまったこともありました。

やっぱりSuicaみたく、何も言うこと無く、Suicaを見せてタッチできる決済の方がラクと感じます。

これからのQRコード決済活用法

今回、QRコード決済に疲れてしまいましたが、うまく使えばお得であることは間違いないです。

疲れないようにするために、一つ対策があるとすれば、メインで使うコード決済を1つに絞ることが重要かと思います。

複数コード決済アプリを使うと、毎回残高やポイントとかを、いちいち確認しなければならないし、上記のようにキャンペーンなどに振り回せれて疲れてしまう事態になってしまいます。

1つをメインで使えば、そこに利用履歴が集約でき、残高もいちいちアプリを見なくても把握できると思います。また、1つのアプリを使い続ければ、使えるお店もだんだんわかってきて、調べる時間もなくなってくると思います。

ですので、これまで色々複数コード決済アプリを使っていたのであれば、一番使い勝手が良さそうなアプリに絞ることをオススメします。


アンパパは、メインのQRコード決済はPayPayを使っています。
PayPayは自分の周りで使えるお店が多く、時々めちゃくちゃお得なキャンペーンをするからです。


メイン以外のQRコード決済は、とりあえずスマホにスタンバイさせておいて、本当にお得なキャンペーンであれば、その時だけ使う作戦もいいと思います。


まとめ

まとめ

今回、QRコード決済疲れの原因と、乱立するQRコード決済の中でどのように活用していいかを書いてみました。

「QRコード決済疲れ」になってしまって、もう使うのを辞めてしまっては、少しもったいないと思います。


うまく活用して、これからもコード決済でのお得なキャンペーンの恩恵を受けたいですよね!

この記事を書いた人

完全在宅フリーランス(ライター×WEBエンジニア) | 元サラリーマン(SE歴13年) | ブログ大好き | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる