人生100年時代を生き抜くための、アンパパ流超節約術☆

マネー・節約

こんばんは、アンパパです☆

今日は「人生100年時代を生き抜くための、アンパパ流超節約術☆」と題しまして、私が実践している節約術について紹介したいと思います。

私は、昔は浪費家でした。何事も経験だー!とか言いながら、ライブに行きまくったり、飲み会に行ったり、カラオケオールなんてしょっちゅうでした。

確かに「経験」にお金を使うことは大事ですが、振り返ってみると、結局どんちゃん騒ぎして終わっていますね(笑)

これでも、独身時代だった時は良かったですが、結婚してからはそうは言っててられません。

結婚後、自由に使えるお小遣いは5万円に設定し、子供産まれてからは3万円にしています。

別に、お小遣い制ではなく、お金は自分で管理しているわけですが、子供の養育費やローンなどを考えると、お小遣い月3万円が妥当かなと思います。世間一般的なお小遣いも3〜4万くらいかなと思います。

独身時代10万くらいぱーっと使っていましたが、今では月3万円に抑えなえればなりません。

アンパパは、月3万のお小遣いでも楽しく幸せな人生を送れるように、色々な「節約術」を考え、実践しています。

今回、そんなアンパパ流の「節約術」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

節約術は人生を生き抜くための必須スキル

「節約術」は、「術」がついているからには、単なる節約とは違います。

単なる節約では、ただ単純に何か頑張って節約するイメージです。

節約術は、単に節約をするのではなく、「少ないお金で最大限に人生を楽しむスキル」のことかと思います。

お金を節約することは、誰でもできると思いますが、楽しみながら節約を実践できている人は少ないかと思います。

ただ節約を頑張っているだけですと、いつかは節約疲れを起こし、ダイエットのようにリバンドしてしまう可能性が発生する可能性もあります。

頑張らず継続でき、今の生活に無駄だと思っていることだけを節約すればいいかと思います。

これから、終身雇用制度が崩壊し賃金が減少している今の時代、また人生100年時代といわれている今の時代、全ての人が満足に稼げることは少なくなっている世の中に感じます。

そんな時代でも、「少ないお金で最大限に人生を楽しむスキル」があれば、収入減にも十分対応できると思います。つまり「節約術」は今の時代には絶対に必要なスキルかと思います。

私は、いつかは会社を辞め起業したいと思っています。

そうなると、起業したての時は無収入が続く可能性もありますよね。その時にも、この節約術が生かせると思います。

節約のマイルール

節約するにあたって、何個かマイルールを定めています。

節約マイルール
  1. 頑張らない。やって辛いことは絶対しない。
  2. 生活水準を下げるようなことはしない。
  3. 無駄と思うことはどんどん節約する。
  4. 数十円、数百円の節約にしかならないものはやらない。
  5. ケチにならない。

1つ目の「頑張らない」というのは大事だと思います。頑張っているという意識があると、一度モチベーションが下がった時は、ずるずると節約をやめてしまう可能性が高いです。空気のように、無意識にできるようなことのみをしましょう。

2つ目は、生活水準を下げるようなことはしてはいけません。節約のために、毎日ごはんと納豆、もやし、豆腐、たまごといったようなメニューでは、何のために生きているのかわからなくなりますよね。

3つ目は、無駄と思うことはどんどん節約しましょう。こんな事を言っては怒られるかもしれませんが、しょっちゅう誘われる会社の飲み会は時間もお金も無駄だと思っています(笑)

4つ目は、数十円、数百円しかならない節約はやめましょう。例えば、「100円のクーポン」を使うために、ちょっと遠いドラックストアに行くことはコスパが悪いですね。そのために、往復1時間かかってしまうのであれば、その時間でもっと有意義なことをしたいです。

5つ目は、ケチにならないことです。家族や友達などには、今まで通りでいきましょう。急に人付き合いが悪くなってしまったら、友達が離れてしまうかもしれません。また、家族旅行が少なくなってしまったら、子供や妻の不満が爆発してしまいますよね。

このように、無駄だと思うことは大きく節約して、必要なことは何も変えないのがポイントかと思います。

節約術

節約術はあげだしたらキリがないのですが、今回はずっと続けられるような節約術を紹介したいと思います。一時的な効果しかないものについては除外しています。例えば、PayPayの20%還元といったキャンペーンもある意味節約術にはなりますが、これはあくまでも一時的ですので今回は除外しています。

缶コーヒーをやめる

これは今年から始めた節約術です。

私は大の缶コーヒー愛好家ですので、缶コーヒーを飲んでは、なくなり、口が寂しくなってまた買って…をほぼ毎日続けていました。

1日だらだらと6本ほど飲んでいるので、ここを節約することは大きいと考えました。

習慣化してしまった缶コーヒーをいきなりやめるのは難しいので、ドリップコーヒーを1日始業前と昼休みの2回と決めて、飲むようにしてみました。そうすることによって、次のような節約効果がありました。

節約前 缶コーヒー

1日6本 600円

1ヶ月(平日20日とすると) 12,000円

1年にするとなんと 144,000円!

節約後 ドリップコーヒー

1日2杯 40円

1ヶ月(平日20日とすると) 800円

1年 9,600円!

缶コーヒーからドリップコーヒーにするだけで、

なんと144,000 − 9,600 = 年間134,400円の節約になりました!

なお、缶コーヒーをやめたことによって、節約以外の効果もたくさんあると感じました。以下の記事にまとめてありますので、よければ見てくださいね。

ちなみに、アンパパおすすめのドリップコーヒーはこれです。

UCC 職人の珈琲 ドリップコーヒー100杯分
created by Rinker

週3日はお弁当

アンパパはお弁当を始めました。

本当は、愛妻弁当とかが食べたいですが、共働きですから作ってもらうのは厳しいですね。

ですので、自分で作っています。作るっていっても、冷凍食品を詰め込むだけです(笑)

冷凍食品では、なんか貧乏な感じがするのでは?と思う人がいるかもしれませんが、以外と冷凍食品は侮れません。

むしろ、めちゃくちゃうまいです!

冷凍食品のハンバーグとかコロッケは、個人的にはスーパーで売っている惣菜より美味しい気がします。

ただ、これだけだと彩りがなく栄養が偏ってしまうので、冷凍食品のほうれん草ソテーなんかもいれています。時々、冷凍食品ではないですが、シャウエッセンをさらに2本いれて豪華さも演出したりして楽しんでいます。

こんな感じで、安く、美味しく、栄養もあるお弁当は最高です!

とはいっても、毎日これだと飽きてしまうので、週2日は外食しています。こんな感じでゆるく続けているおかげで、これからもずっと飽きずに続けていけそうです!

節約前 週5日外食

1日 1,000円

1ヶ月(平日20日とすると) 20,000円

1年にするとなんと 240,000円!

節約後 週3日お弁当、週2日

1日 外食1,000円 お弁当100円

1ヶ月(平日20日とすると) 9,200円

1年 110,400円!

これによる節約効果は、

なんと240,000 − 110,400 = 年間129,600円です!

ミニお菓子を会社に持っていく

定時後お腹がすくとなんとなくコンビニ行っていませんか?

特にお腹がすいているわけではないのですが、ふらっといってスナック菓子を買ってしまい、さらにはレジ横の羊羹を合わせて買ってしまっていました。

コンビニは、節約をする上では大敵ですよね。

コンビニにふらっと行かないことに対する解決法ですが、小分けになっているお菓子を会社に持っていくのはいかがでしょうか?

アンパパは、せんべい系とチョコ系の大袋を1週間に1つずつ買って、その小分けになっている袋を毎日会社に持っていっています。

それによって、コンビニに行く回数がほぼゼロになりました。

節約前 毎日コンビニ

1日 300円

1ヶ月(平日20日とすると) 6,000円

1年にするとなんと 72,000円!

節約後 お菓子

1週間 大袋2つ×200円=400円

1ヶ月(4週間とすると) 1,600円

1年 19,200円!

これによる節約効果は、

72,000 − 19,200 = 年間52,800円です!

服はファストファッション

ちょっと前までは、服を買うことが一つの趣味でした。

UNITED ARROWSやBEAMSに行くと、ついつい良さげな服を買ってしまっていました。

しかし、結婚して子供もできると、自分の価値観が変わったのか、あまりこだわりがなくなってきましたね。

独身時代は、もっとモテたいとか思ってちょっと高めの服をよく買っていたりしましたが、さすがに結婚したらモテたいとかは思わなくなりますからね(笑)

そんなわけで、最近はユニクロです。

ユニクロも、最近はオシャレですよね。Tシャツも無色だけでなく、ストライプになっていたり、ポイントで2色つかっていたり、一見セレクトショップのTシャツと変わらないようです。

節約前 セレクトショップ

ある年の衣服代 1年160,000

節約後 ファストファッション

1年 20,000円 (5,000円くらいの買い物を年4回)

つまり、この節約効果は、

160,000 − 20,000 = 年間140,000円です!

髪はファストカット

ここまで来たら、髪もファストカット(いわゆる1,000円カット)で切りましょう。

最初はファストカットに抵抗がありました。髪を10分で切られ、掃除機で吸い取られる感じが、なんか抵抗感がありました。

1回ファストカットに行った時、カットしたあとあまり似合っていなく、「もう二度といかない!」と思った時もありました。

ただ、よくよく考えると、ちゃんとした美容院でカットした時も、似合わないことが度々あります。

失敗する割合は、ファストカットも美容院も大差ないと思います。

そういうわけで、最近はファストカットです。なんだかんだファストカットだと、美容師と会話しなくていいので、個人的には気楽ですね。時間も10分ちょいだし、時間の節約にもなります。

節約前 美容院

1回 5,000円

1年 25,000円(年5回)

節約後 ファストカット

1回 1,500円 ←最近はどこも値上げしているようです

1年 7,500円 (年5回)

つまり、この節約効果は、

25,000 − 7,500 = 年間17,500円です!

会社の飲み会は月1まで

節約のマイルールのところで「無駄と思うことはどんどん節約しましょう」と書きましたが、会社の飲み会は個人的には無駄かなと思っています。

もちろん飲みニュケーションも大事ですが、月に何回も行く必要はないと思います。

基本的には、誰かのグチや仕事のトラブル、上司の武勇伝をただひたすら聞く会になります。しかも、週3回飲み会があった時でも、毎回同じ話になります。

「それ前も話しましたよね?」とは言いづらく、ひたすら2時間聞くことに徹することもありました。しかも上司のおごりではなく、割り勘。なぜか高めの居酒屋にこだわるので、1回5,000円〜8,000円くらいします。これは、時間もお金も奪われ辛いですよね。

そんなわけで、最近は「子供が小さいから帰ります」を口実に、なるべく会社の飲み会は月1回に押さえています。

節約前 会社の飲み会月4回

1回 5,000円

1ヶ月(月4回とする) 20,000円 

1年 240,000円

節約後 会社の飲み会月1回

1回 5,000円

1年 60,000円

飲み会がやはりかなりの額になっていたのか、回数を落とすだけで

240,000 − 6,0000 = 年間180,000円の節約になりますね。

娯楽はAmazonプライムで

家族や友達との遊びについては、節約すべきではないと思います。

しかし、個人的な趣味とかは節約できるところがあるかもしれません。

例えば映画。映画館で見ると、たとえ割引券を使ったとしても、1,500円くらいしますよね。

ちょっと前の映画でしたら、いわゆるサブスクで見放題です。

まずは、Amazonプライムビデオは安いのでオススメです。年会費はなんと4,900円です(値段は現時点のもので、変わる可能性があります)

見放題の作品はコロコロ代わりますが、今ならちょっと前に話題になった「カメラを止めるな!」も見れちゃいますね。アンパパは、アニメのポケットモンスターにはまっています(笑)

アンパパは、Kindleの読み放題サービス「Kindle Unlimited(月額980円)」もやってます。これで、ハリーポッターの洋書も挑戦しています。こんな感じでお得に趣味も楽しんでいます。

節約前 映画年10回

1回 1,500円

1年 15,000円 (年10回行ったとする)

節約後 Amazonプライムビデオ

1年 4,900円

つまり、この節約効果は、

15,000 − 4,900 = 年間10,100円の節約です!

まとめ

こんな感じでつらつらと、節約術について紹介してみましたが、これを積み上げていくと、トータルで

なんと年間664,400円の節約になります!

自分で書いておきながら驚きです(笑)

これだけ節約できるなら、この分貯金でもいいし、投資にまわしてもいいし、家族旅行に使うこともできます。

逆に、もしその分収入が落ちたとしても、十分に暮らすことができると思います。

人生100年時代何があるかはわかりません。やはり、節約術を身に着けておけば、どんな状況にも十分に耐えることができるのではないでしょうか。

アンパパは、今回紹介した節約術を実践しておりますが、皆さんは皆さんなりの節約術があるかと思います。

人によってはファストカットは絶対に嫌だという人もいますよね。嫌なことはやる必要はありません。

ぜひ、皆さんオリジナルの節約術を考えてみて、実践してはいかがでしょうか? 実際の節約効果を、こんな感じであげだしてみると、さらにやる気がでてくるのでおすすめですよ。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

マネー・節約
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました