>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

【2020プロ野球開幕】今年も西武ライオンズが優勝と予想!その理由は?【目指せパ・リーグ3連覇】

いよいよ2020年のプロ野球が始まりますね。

西武ライオンズファンの私アンパパも、この日を待ちわびていました。


今年はコロナウィルスのせいで、正直今年はプロ野球は見れないのかと思っていました。しかし、色々な人の努力のおかげで、なんとか開幕ができるところまで来ましたね。

これまで大変でしたので、開幕って言葉だけでジーンとくるものがあります。


2020年は試合数が減ったり、オールスターがなくなるなどいつも通りとはいきませんが、それでも野球が見れるのはファンとしてすごく嬉しいし、元気づけられるものですね。


さてさて、今日の本題ですが、今年は西武ライオンズは優勝できるのか考えてみました。

私は野球解説者ではなく、素人意見で恐縮ですが、今年も西武ライオンズが優勝すると予想します。

その確率はずばり、80%くらいですかね!(笑)


その理由を本記事で書きたいと思います。

アンパパ
アンパパ

本当は100%といいたいところが、野球は何が起こるかわかりませんからね!


\西武の試合を見るならDAZNがオススメ!
>>><<<


目次

西武ライオンズが2020も優勝すると予想する理由

あくまでも自分の考えですが、2020年も西武ライオンズはほぼ間違いなく優勝すると思っています。

(西武ファンですので、西武推しですみません)


西武が優勝すると考える理由を説明します。


秋山を抜けた穴を埋めるスパンジェンバーグ

去年、一昨年と優勝できたのは、間違いなく山賊打線といわれる超強力打線があったからです。

その山賊打線不動の1番打者である3割バッター秋山が今年米大リーグ・レッズに行ってしまいました。これは正直かなり痛いですよね。

秋山の代わりが現れない限り、今年の優勝は厳しいと思っていました。


しかし、救世主現れました!

その名もスパンジェンバーグ!名前長っ(笑) 愛称はスパンジー。


オープン戦の時は30打数4安打打率.133で、これは厳しいなと正直思っていました。しかし、自粛開けの練習試合にスパンジェンバーグが覚醒!その打率は34打数17安打で、なんと5割!

ホームランも3試合連続で4本打つなど猛アピール。

もともと守備はバッテリー以外どこでも守れ、さらに俊足!そしてこの打撃が加われば、秋山の穴も埋めるといっても過言ではないですね。

いや、どこでも守れるユーティリティープレイヤーを加味すれば、秋山&外崎のいいところどりという、大物の予感ですね。


練習試合で活躍したのは、スパンジェンバーグだけではありません。
野手転向26歳の川越や、呉念庭(ウー・ネンティン)、鈴木将平も打撃好調!


去年は、スタメン以外がやや薄く誰かが倒れたらまずい状況でした。

今年は控えにも厚みが増し、スタメン獲得を狙い、熾烈な競争が繰り広げられそうです。栗山やおかわり君などベテランの後継を担う若手がでてきて欲しいですね。


このような、新・山賊打線で、今年も優勝間違いなしです!

投手は相変わらず厳しそうだが、與座に期待

去年、チーム打率トップであるが、防御率は最下位。

オープン戦、練習試合の結果を見てみても、得点しまくるが、得点されまくる(笑)

去年と変わっていませんね(笑) 逆に言えば、去年と変わっていないから、優勝できると考えても良さそうです。


さて、そんな投手陣ですが、今年は與座に注目です。

與座はプロ3年目の若手です。1年目にトミー・ジョン手術を受け育成に降格となったが、その後支配下に復帰するという、かなり苦労している選手です。

武器はアンダースローで、その武器を使い6月14日のロッテ戦では、6回途中2回2失点の好投。

投手層が薄い西武に、期待の若手が現れましたね。獅子のサブマリンに期待大です!


與座の他は、先発はニール・今井・高橋光・松本の先発ローテは確実。もうひとりは、きっと本田圭佑でしょう。

中継ぎは去年同様平井プロに頑張って欲しいですね。今年は試合数が少ない分、去年のような酷使はなさそうなのが救いです。


あとは、やっぱり松坂を生で見たいですね!

オープン戦、練習試合ともに12球団1位となる勝負強さ

2020年は、コロナのせいでオープン戦が途中で終わり、自粛明け後練習試合という形で再開されました。

オープン戦、練習試合の西武の成績を見てみましょう。

  • オープン戦 6勝2敗 …1位
  • 練習試合  7勝1敗 …1位


なんと、オープン戦も練習試合も1位です!

もちろん、オープン戦は各チーム色々調整しながら行うので、この結果に満足してはいけません。

しかし、試合を見ると、打つべきところでうち、抑えるべきところで抑えている印象があります。つまり勝負強いということです。

この勝負強さで、優勝を勝ち取りたいですね!

注意すべきところは変則日程

冒頭で、西武ライオンズが優勝する確率は80%と書きました。

もし残り20%の負ける理由があるとすれば、一つは選手層はやはりソフトバンクや楽天には敵わないことです。

もう一つ、今年ならではの理由ですが、コロナによる変則日程が挙げられますね。


今年は、コロナ感染防止のため移動を少なくするため、開幕3連戦のあとは、同一カード6連戦の日程が組まれています。

6連戦はどうしても先発ピッチャーの強さに依存してしまいます。先発がすぐに降板になってしまうと、中継ぎの負担が増えてしまい勝敗に大きく影響してしまいます。

ですので、ニールは比較的安定しているので、去年たびたび炎上した今井、高橋光、松本にかかっているともいえます。

年々急成長しているので、今年は去年より安定して投げれることを期待するしかありません。1回でも多く投げられれば、勝利をつかむことができます。


あとは、6連戦を考えると、去年MVPになるなど大活躍したキャッチャー森を使い続けるのは無謀ともいえます。

2番手の岡田をうまく使い、また、今年ドラフト5位の柘植などキャッチャーの育成も課題の一つですね。


まとめ

まとめ

去年は、「浅村・炭谷が抜けたので西武の優勝は無理だろ」と言われて、パ・リーグ2連覇を果たしました。

今年も、「秋山が抜けたので西武の優勝は無理だろ」と言われていますが、これで優勝してしまうのが西武ライオンズですよね。

今年も西武が優勝して、パ・リーグ3連覇を果たして欲しいです。


そして一昨年、去年とクライマックスシリーズで負けてしまったソフトバンクに雪辱を果たしたいですね。

そしてもちろん日本シリーズ優勝!


今年のプロ野球も楽しみです!


\西武の試合を見るならDAZNがオススメ!
>>><<<


▼DAZNについてはこちら

この記事を書いた人

完全在宅フリーランス(ライター×WEBエンジニア) | 元サラリーマン(SE歴13年) | ブログ大好き | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる