俺の夏〜SUMMER SONIC 2019 TOKYO 2日目〜

音楽

いやー、ようやく夏っぽいことをしました。SUMMER SONIC 2019 TOKYOの2日目(8/17)に参戦してきました。子供が生まれてからは初めてのライブ。ちょっと前に妻がBUMP OF CHICKENのライブに行った時は私が子供の面倒をみたので、今回は子供を妻に任せ、一日思いっきり楽しんできました。ライブの参戦ログを残しておくと、10年後とかに読み返した時楽しいですよね。忘れないうちに書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

見たバンド

Fear, and Loathing in Las Vegas

MOUNTAIN STAGE 12:10〜

最初に見たバンドはラスベガス!ラスベガスを見るのは何年ぶりでしょうか。おそらく7〜8年ぶりくらいだと思います。当時見た時は、DISCO調の激しいロックは斬新で強い衝撃がありました。当時は、ボーカルがバックに少し負けてるかなーなんて思っていましたが、今回見たらすごいパワフルに。全体的に音に厚みがあり迫力が増していました。当時はライブハウスで見たけど、今日はサマソニのマウンテンステージを埋め尽くすほどの人。こんな大きくなっているとは感無量です。「Burn the Disco Floor with Your “2-step”!!」とか私の知っている曲は1曲もありませんでしたが、それでも楽しむことができるのが彼らの曲達。俺の夏1発目を盛り上げてくれました。

今年ベースのKeiが亡くなったりと大変な時期を過ごしたと思いますが、今日が復活ライブ(本当は昨日大阪で復活の予定だったが、台風で流れた)とのこと。新生ラスベガスすごくかっこよかったです。

セトリ

  1. Rave-up Tonight
  2. The Gong of Knockout
  3. LLLD
  4. Virtue and Vice
  5. Keep the Heat and Fire Yourself Up
  6. Party Boys
  7. The Sun Also Rises

THE INTERRUPTERS

MOUNTAIN STAGE 13:25〜

これはとても楽しみにしていたバンド。Spotifyでよくオススメにでてきて結構聞いてきたバンド。スカ・パンクが心地よくて、一回見てみたいと思っていました。

期待通り、とても楽しいライブでした。フロントのエイミーかっこよすぎでしょう。ファンとも触れ合いまくっててサービス旺盛なのも素敵です。バックもきっちりジャケット、シャツ着ててイケメン。あのすごい低い位置でギター弾くとかあこがれですよね。終始、無意識に踊れて楽しかったです。

セトリ

  1. A Friend Like Me
  2. By My Side
  3. Take Back The Power
  4. Title Holder
  5. She Got Arrested
  6. bad guy
  7. Gave You Everything
  8. On A Turntable
  9. She’s Kerosene
  10. A Friend Like Me ワンフレーズ
  11. Family

ZEBRAHEAD

MOUNTAIN STAGE 14:40〜

もうゼブへはサマソニの定番ですよね。サマソニのお笑い枠とでもいうのでしょうか。MCは相変わらず下ネタだし。「ち○ち○びんびん東京タワー」とか「すみません、ち○こ小さい」とかどこでそんな日本語を覚えたんでしょう。ゼブへは本当日本大好きですよね。タオル回したり、サークルを煽ったりするところが日本流ですもん。ゴムボートでダイブとかステージ上で酒一気とか、今回も暴れていました。

セトリ

  1. Rescue Me
  2. Call Your Friends
  3. Drink Drink Japanese ver
  4. Save Your Breath
  5. Follow Me
  6. Hello Tomorrow
  7. All My Friends are Nobodies
  8. Who Brings A Knife To A Gunfight?
  9. Playmate Of The Year
  10. Falling Apart
  11. Anthem

RADWIMPS

MARINE STAGE 18:15〜

RADは毎回ツアーに行っていましたが、今回のanti anti generationのツアーは行かず、アルバムも実はまだ聞いていました。ですので、1曲目からわからず(笑) 「洗脳」とか全体的に暗めのフェスらしくないセトリですよね。それがまたたまらないのですが。最後の「愛にできることはまだあるかい」は、夕暮れ時とマッチして、感動しました。洋次郎も次は「レッチリだし、夏はまだあるし!」と、洋次郎自身もきっとレッチリを楽しみにしてますよね。

セトリ

  1. NEVER EVER ENDER
  2. ギミギミック
  3. アイアンバイブル
  4. 洗脳
  5. おしゃかしゃま
  6. DARMA GRAND PRIX
  7. 君と羊と青
  8. いいんですか?
  9. 愛にできることはまだあるかい

RED HOT CHILI PEPPERS

MARINE STAGE 19:45〜

今日のトリ!レッチリ!いやー、やっと見ることができました。15年以上前にBy the wayを聴きまくり、いつかは見てみたいと思っていました。

登場して最初のジャムセッション、ベースの1音目から魂を感じ、涙ぐみました。その後はCan’t StopからアンコールのGive It Awayまで、決して華やかな曲はないんだけど、それでも盛り上がり心を奪われるのはなんでしょうかね。

CDで聞く限りは、自分でも弾けそう!とか思ったことは何度かありましたが、実際生で見てみると、あの演奏のテクさ。あのゴリゴリとしたベースの音はどうやって作るのでしょう。ギターも激しい感じではなくゆっくり弾く曲が多いのに、1音1音に気持ちが込められ、あんなに人を感動させることができるのは彼らしかできないでしょうね。本当に見とれてしまいました。

セトリ

  1. Can’t Stop
  2. Scar Tissue
  3. Dark Necessities
  4. Otherside
  5. Hey
  6. Dani California
  7. I Like Dirt
  8. Go Robot
  9. Californication
  10. Around the World
  11. Under the Bridge
  12. By the Way
    <アンコール>
  13. Dreams of A Samurai
  14. Give It Away

サマソニあるあるですけど、トリにすべてを持っていかれて、その前の思い出が薄れてしまいますよね(笑) レッチリの余韻が1年くらいは続きそうです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

音楽
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました