>> 人急急上昇のWordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー!正直神テーマです!

【初めてのテレワークの感想】テレワーク(リモートワーク)のメリット、デメリット、注意点を解説します!

質問
質問
  • テレワーク(リモートワーク)ってぶっちゃけどうなの?
  • テレワーク(リモートワーク)のメリット・デメリットを教えて欲しい。
  • テレワークをするにあたって注意点はあるの?


こんな質問に答えたいと思います。


最近、コロナウィルスの感染拡大に伴い、テレワーク(リモートワーク=在宅ワーク)を許可する会社も増えてきましたね。

私の会社でも、ついにテレワークがOKとなり、人生で初めてテレワークをしてみました。

その時感じたメリット、デメリットを書きたいと思います。また、これからテレワークを始める人のために注意点についても説明します。

目次

テレワーク(リモートワーク)を行うようになった背景

コロナウィルス感染拡大する前は、うちの会社はこんな感じでした。

アンパパのアイコン画像アンパパ

子供も小さいし、妻の負担も減るので、テレワークができると嬉しいのですが…

上司
上司

テレワークをする風潮になっているけど、まだ制度を整えたり課題が沢山ありすぐにはできないんだよね〜



まー、テレワークはそう簡単にはできないと、諦めていました。

しかし、コロナウィルスの感染者数が拡大初めた現在…

上司
上司

明日からテレワークできる人は、テレワークを実施して下さい!


急すぎて現場パニック!今まで頑なにテレワークできなかったのに(笑)

普通だったら、長い時間検討してテレワーク制度を整えると思いますが、たったの1日で社内改革がおきてしまいました。


さて、やってみたかったテレワーク。実際やってみてどうだったか、メリット・デメリットについて書きたいと思います。

テレワーク(リモートワーク)のメリット

テレワーク(リモートワーク)のメリット


まず、テレワーク(リモートワーク)してみて良かったことを書きたいと思います。

【テレワークのメリット1】通勤をしなくて良い

通勤をしなくて良い事が、テレワークの最大のメリットだと思います。

通勤って当たり前にしてますが、あらためて考えると苦痛ですよね…


皆さんも次のようなことを思っているのではないでしょうか?

  • 通勤時間の分だけ、早く起きなければいけない。
  • 満員電車で、1日の50%くらいの力が吸い取られる。
  • 前のおっさんの汗を、自分のシャツで吸収。
  • 急に気分が悪くなって下車。
  • ウィルスに感染しないか不安。
  • 痴漢が怖い。痴漢に間違われないか不安。


通勤はデメリットしかありませんね。

たまに、満員電車に揺られ次のように思うこともあります。

アンパパのアイコン画像アンパパ

何でこんな辛い思いまでしてサラリーマンしてるんだろう?


テレワークなら、こんな気分になることはありません!毎朝ハッピーです!

通勤がないだけで…

  • 疲れないので、フルパワーで仕事ができる!
  • 通勤時間の分、時間を有効活用できる!
    (その分仕事をする、家事をする、勉強する、睡眠にあてる…etc)
  • トラブルに巻き込まれない!
    (痴漢、ウィルス、酔っぱらい…etc)


メリットだらけですね!

【テレワークのメリット2】集中できる

テレワークを始める前は、家で仕事に集中できるか不安な点もありました。

しかし、実際にテレワークを始めてみたらそんな不安はすぐに払拭されました。


静かな部屋に、PC1台。自分のタイピングの音しか響きません。

逆にデメリットかもしれませんが、集中しすぎて疲れてしまうくらいです。


会社だったら、同僚にちょっと声かけられて雑談をしたりしますよね。

テレワークの場合は、家で一人です。意図的に休憩をとらないと、ひたすら仕事をしてしまいます。


家族がいたら話は変わりますが、一人になれる部屋があるのであれば、会社より圧倒的に集中できます!

【テレワークのメリット3】無駄な打ち合わせが減った

会社にいると、「ちょっと今から打ち合わせにでれる?」と声かけられることがありますよね。

正直、打ち合わせの半分は出席しなくていい無駄なものです。

だいたい、1日のスケジュールはこんな感じでした。

  • 9:00〜10:00 定例
  • 10:00〜11:00 事業部の要望ヒアリング
  • 11:00〜12:00 新システムのアンケート
  • 13:00〜14:00 設計書レビュー
  • 14:00〜15:00 他チームからの技術調査依頼
  • 15:00〜16:00 チームメンバーの面談
  • 16:00〜17:00 職場環境についての打ち合わせ


あの?どこで自分の作業をすれば良いのでしょうか?(笑)

席にたまたまいたから声をかけられて、出席するはめになった打ち合わせもあります。


テレワークなら、こんな打ち合わせに参加する必要がなくなりました。

本当に必要な打ち合わせを電話会議して終わりです。おかげで、自分の作業時間がとれ、ほぼ定時内で仕事を終わらせることができました。

【テレワークのメリット4】トイレがすぐそばにある

テレワークの地味なメリットがこれです。

会社だとトイレに行きたくて駆け込んだら、全個室が埋まっていて、10階→9階→8階→…と階段を降りた経験はありませんか?

会社のトイレって何であんなにいつも満室なんですかね?


家のトイレであれば、必ず個室が空いています(笑)

テレワークなら、トイレを探すストレスから開放されますよ!

【テレワークのメリット5】室温をコントロールできる

これもテレワークの地味なメリットです。


職場は、一律で空調が管理されていて、個別に温度調節ができないところが多いですよね。

空調効いているのに、自分の席は夏はめちゃくちゃ暑くなっていたり、冬は極寒だったりします。

昔、窓際の席だったとき、あまりに寒くて手袋して仕事したことがあります(実話です)


家であれば、エアコンを調整して、自分好みの温度にすることができます。

快適な空間で仕事できることも、テレワークの一つのメリットです。


【テレワークのメリット6】妻の機嫌が良くなる

テレワーク初めてから、なんか妻の機嫌がよくなりました(笑)

原因はわかってます。

今まで残業まみれで、21時22時に帰ることが多かったです。


1歳半の娘がいますがすでに就寝、妻も結構疲れています。


それがテレワークが始まってからは、こんな生活になりました。

  • 仕事前に、掃除・洗濯・食器洗いをする。
  • 仕事効率があがり、定時で仕事が終わるようになる。
  • 保育園に呼び出されても、すぐに対応ができる。


おかげで、妻の負担も減ったようです。

テレワークは、自分だけではなく、家族もハッピーにする力がありますね!

テレワーク(リモートワーク)のデメリット

テレワーク(リモートワーク)のデメリット


一方、テレワークをやってみてちょっと改善が必要だなと思うこともありました。

【テレワークのデメリット1】腰が痛くなる

職場のイスって実は結構いいお値段しますよね。

そのおかげなのか、腰痛は今までほとんど経験したことはなかったです。


テレワークを初めて1日目…

アンパパのアイコン画像アンパパ

はー仕事終わった!ん?あれ?腰が痛い!


仕事中は集中していたので、気にならなかったですが、終わったあと腰が痛いことに気づきました。


さすがに、リビング用の硬いイスで仕事をしちゃいけないですね。

テレワークが続くようなら、仕事用のイスを買いたいと思います。


▼こちらの記事もおすすめです

【テレワークのデメリット2】電気代が高くなる

これは仕方のないことですが、毎月の電気代が高くなります。

普段使っていない日中にエアコンを使います。真冬や真夏であれば1,000円〜2,000円高くなる場合もありそうですね。


その分、家で自炊するなど節約して、電気代の増額をカバーしましょう。

【テレワークのデメリット3】職場でしかできないことがある

テレワークだとできないタスクがあります。

私はシステムエンジニアなので、次のようなことは家ではできません。

  • 社内からのみアクセスできる情報の閲覧
  • 色々なデバイスでのテスト(Android、iOS)
  • ハンコが必要な業務
  • 郵送物の受け取り
  • 複数部署をまたがった打ち合わせ


どうしても100%リモートでやるのことは難しそうです。

全て電子化されれば解決できるものもありますが、そう簡単には変えられないですよね。

【テレワークのデメリット4】障害(トラブル)があると大変

時々、システム障害やトラブルが発生します。

システム障害が発生すると、次のような対応を行う必要があります。

  • 上長に一報
  • サービスを復旧させるために全力を尽くす
  • 原因の特定、対策を検討
  • インフラチームや協力会社に調査・対応依頼
  • 報告書を取りまとめ、上長に報告


これらをリモートでやるのは、なかなかしんどいです。

【テレワークのデメリット5】子供がいると集中できない

子供が家にいる場合は、テレワークは大変です。


まず、仕事をしながら育児はほぼ不可能です。できたとしても、お昼寝の時間くらいしか仕事できる時間はないですね。

育児は妻がするとしても、子供の泣き声やテレビの音などが聞こえてきたら集中できませんよね。


自分の部屋があれば良いですが、ないのであれば、コワーキングスペース等で作業することをオススメします。

テレワーク(リモートワーク)の注意点

【テレワークの注意点1】色々な誘惑に負けないようにする

家には、色々な誘惑があります。

  • 睡眠を誘ってくるお布団
  • ついつい見てしまうテレビ
  • 本、漫画、ゲーム…


仕事でなければ、それらの誘惑に負けても全く問題ありません。

しかし仕事の場合は、会社から給料をもらっています。さすがにベッドでゴロゴロして間は、お金をもらうわけにはいかないですよね。

ですので、仕事中は…

  • ベッドに行かない!
  • テレビはつけない!
  • 漫画は読まない!


これらを守りましょう。もしできないのであれば、コワーキングスペースなどを活用した方が良いですね。

【テレワークの注意点2】適度に休憩をとる

メリットでも取り上げましたが、家でのテレワークは、思ったよりも集中できます!

ただ、集中しすぎて、脳や目が一気に疲れてしまう場合があります。


職場であれば、ちょくちょく雑談したり、打ち合わせに参加したりして一呼吸おくことができます。

しかし、家の場合は、ひたすら画面に向き合うので、気をつけないとずっと仕事をしてしまいます。


ですので、テレワークの場合は、時間を決めて休憩をとることが大事です。

自分の場合は次のようにしています。

  • 45分集中して作業
  • 10分チャットやメールの確認
  • 5分休憩


必ず1時間に1回休憩をとるようにしています。

私的には、休憩中にバランスボールがオススメです。
▼こちらの記事で、バランスボールを紹介しています。


また、チャットやメールをダラダラ確認しながら仕事をするのは非効率ですので、チャットやメールを見る時間も決めています。


【テレワークの注意点3】基本的なルールは決めておく

何かトラブルが発生すると、一人だと焦りますよね。

システムエンジニアだと、システムをメンテナンスする時は、他の人とダブルチェックをします。

しかしテレワークの場合、一人しかいないので、ダブルチェックができないですよね。


いざと言う時、困らないように、テレワークを始める前に基本的なルールは決めておいた方が良いです。

まとめ

まとめ

今回始めてテレワーク(リモートワーク)をやりましたが、やはり自分的にはデメリットよりメリットの方がはるかに大きいと感じました。


通勤時間や無駄な打合せが減ることによる仕事効率の向上、ストレスの低下、そして何よりも家族との時間が増えたのも嬉しいですね!

テレワークは間違いなく幸福度があがります!


ぜひ、やろうかどうか迷っている方は、やってみてはいかがでしょうか?


コロナが終息しても、テレワークを続けたいですね。

▼テレワークのせいで、ちょっと太ってしまった人にオススメ!

▼ストレスが発散したい方にオススメ!

この記事を書いた人

完全在宅フリーランス(ライター×WEBエンジニア) | 元サラリーマン(SE歴13年) | ブログ大好き | 在宅で稼ぐ技を実践 | 楽しく幸せに生きるコツを発信中 | 詳しいプロフィールはコチラ
  \フォロー、はてブお願いします/

目次
閉じる