休日は子供と一緒に動物園!上野動物園の年間パスポートを絶対買うべき5つの理由

子供との日常

先日、1歳の娘と久しぶりに上野動物園に行ってきました。

実は、私は上野動物園の年間パスポートを購入しています。つまり1年間行き放題です。

娘と上野動物園に行くのは今回で2回目ですが、年パスを買って良かったなと感じたことが結構あります。

もし、都内近郊に住んでいる子供を持つパパさん・ママさんは、上野動物園の年間パスポートを買うことをオススメします。今日は、上野動物園の年間パスポートを買うべき理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

上野動物園の年間パスポートについて

年パスといえば、ディズニーの年パスのイメージがありますが、実は上野動物園にも年パスがあります。

年パスの料金は?

上野動物園の年パスは本当に安いです。まずは料金を見て欲しいと思います。

年間パスポート

一般(高校生以上)…2,400円

65歳以上…1,200円

正直1回分の料金かと思いました。ディズニーランドとかの1日券とかに比べると、1/3くらいでしょうか。これを買えば1年間楽しめます。

ちなみに通常の入園料はいくらなのでしょうか。

通常入園料

一般(高校生以上)…600円

65歳以上…300円

中学生…200円

都内にあって、こんな大規模な動物園がこんなに安くて大丈夫なんでしょうか…と不安になりますよね。ちなみに小学生以下と、都内在住・在学の中学生はなんと無料です。

子供はみんな動物大好きですし、たくさん家族で動物園行きたいですよね。

年パス買って4回行けばモトになる計算です。春夏秋冬1回ずつ行って、季節毎の動物に会ってみるのも面白いかもしれません。

※料金は記事執筆時の時点のものです。変更になる場合もありますのでご了承下さい。

年パスの買い方

年間パスポートは、上野動物園の表門、弁天門、池之端門の券売所で買うことができます。

年パスには、顔写真(縦2.5cm、横2cm)が必要ですが、運転免許書など写真が付いている証明書を渡せば、その場でカラーコピーをしてくれて、さらにラミネート加工をしてもらえます。

紙のままだと、すぐにヨレヨレになってしまうかと思いますので、ラミネート加工はしてもらった方がいいと思います。

上野動物園の年パスを買うべき5つの理由

さて、本題の年パスを買うべき理由について紹介したいと思います。

入場券購入の長蛇の列を避けられる

これは年パスの特権だと思います。

夏も終わり、過ごしやすくなってきている秋。動物園も家族連れで賑わっていました。上野駅の改札から上野動物園に向かう間はすごい人です。動物園に着くと入場券購入の長蛇の列ができています。おそらく15分くらい待たなければなりません。

15分もたってしまうと、子供がぐずぐずしてしまう可能性もありますよね。

年パスを持っていれば、並ばずにすぐ入場することができ、すぐに可愛い動物に会うことができます。

お目当ての動物がいつもいるとは限らない

上野動物園で気をつけなければいけないことが、お目当ての動物がいつもいるとは限らないことです。

ライオンを目当てに行ったとしても、奥に隠れて見える場所にいなかったりします。場合によっては体調を崩し、部屋で休んでいるかもしれません。

最初に動物園に行った時は、たまたまかと思いますが、ほとんどの動物が裏に隠れていました。周りの人も「あれ?いないな?」と口々に言っていました。

キリンも外には出ていなく、室内でしか見ることができませんでした。キリンはやはり外でのびのびとしているところを見たいですからね。

今回行った時は、キリンも外に出ていて、他の動物も前回よりたくさん見ることができました。

もし1回しか行かないと、お目当ての動物に出会いない可能性があります。しかし、年パスであれば、今回ダメでも次回見ることができると思います。

これも年パスを持っているメリットかなと思います。

面白い瞬間に遭遇できる

毎回動物園で新たな発見があったり、動物も毎日違う一面を見せてくれると思います。

じーっとしている日もあれば、めちゃくちゃ動き回っている時もあります。せっかくなら、動き回っている時に会いたいですよね。

時には、珍プレー好プレー見たいな瞬間に出会えることもあるかと思います。

今回、動物園に行った時のベストアクトは、じーっと動かないと言われているハシビロコウが飛んだ瞬間でした。

個人的にですが、この動かないトリ、ハシビロコウが大好きです。

こんな感じで、今日も変わらずじっとしています。

しかし、次の瞬間!

動かないトリが飛んだ!

周りの見ていた人も歓声が上がりました。娘もびくっと驚きつつ笑っていました。

年パスを使い、何回も動物園に行けば、こんな瞬間が色々見えると思います。

お散歩感覚で動物園に行ける

休日は子供と家でゴロゴロするのではなく、やはり外に行きたいですよね。

お散歩も、近くの公園とかスーパーへ買い物に行ったりだけでは、子供には刺激が足りない気がします。

ですので、お散歩がてら動物園に行ってみてはいかがでしょうか。

ウチは動物園まで30分くらいですので、ふらっと動物園に行って、空いているところを中心にぐるっと回って帰宅。トータルで2時間くらいのコースです。

気楽に行けるからこそ、子供のごきげんな時に行くこともできるし、眠い時はやめておこうなどの判断もできるかと思います。せっかく予定をたてて動物園に行ったけど、ずっと子供が寝ていたら残念ですもんね。

年パスなら、1年行き放題。気分転換にもいいし、子供も大人も楽しめる散歩コース。オススメです。

子供の成長に繋がる

動物園は、子供の成長に一役買っていると思います。

何回も動物園に行くと、子供の成長を感じることもできると思います。

前回は子供が8ヶ月頃の時に行きましたが、その時はぞうさんを見て、じーっと見ているだけでした。もしからしたら、まだ見えていなかったのかもしれません。

今回1歳を過ぎてから行きましたが、キリンさんを見て、ニコニコ見ていました。動物を見て目で追っているようでした。

もう少したてば、「きりんしゃん」とかしゃべるかもしれません。

さらに成長したら、名前を覚えたり、動物や生物にもっと興味を持つかもしれません。上野動物園は、動物の説明や、体の構造などをわかりやすく紹介しています。動物園を通じて、色々学ぶことも多いですよね。大人でも、そうなんだと思うことが沢山あります。

教科書とかではなく、実際に見ることによって感じることも多いと思います。子供の成長のためにも、たくさん動物園に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、上野動物園の年間パスポートを購入すべき理由を紹介しました。

たった2,400円で1年間行き放題。お散歩コースにも使え、子供の成長のためにもなり、大人も楽しめると思います。何回も行くことによって、新しい発見があり、学べることも多くなってくると思います。

今回は上野動物園の年パスを紹介しましたが、多摩動物公園や葛西臨海水族園、井の頭自然文化園でも年パスがあります。

ぜひお近くの動物園、水族館の年パスを買い、休日は家族で楽しみましょう!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

子供との日常
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました