思いっ立ったら即行動!最速でWordPressを使った本格ブログを立ち上げる方法

WordPress

なかなか人間って最初の一歩を踏み出すのが大変ですよね。私も、今までFC2などの無料ブログは使ったことがありましたが、WordPressを使った本格的なブログを始めたいとは思いつつ、なかなか重い腰があがりませんでした。

WordPressって聞くと、それだけで分厚い説明本が売られていたり、WordPressだけを扱ったサイトがあったり、何か大変そうなイメージです。確かに、色々こだわりだすと時間がいくらあっても足りないと思います。自分で好きなようにカスタマイズできるのがWordPressの魅力ですけどね。

私も、最初は構えてしまって、最初の一歩が踏み出せなかったのですが、まずは細かいことを気にせず1つ記事を投稿するまでやろう!と決め手からは、すぐに行動することができました。

20個も30個もTODOリストがあると、尻込みしてしまいますが、細かいことは気にせずWordPressを導入して、ブログを1記事書くまでならたったの6ステップです。今回はその手順を説明したいと思います。あまり難しい手順ではないので、細かくは書いていません。基本的には画面をポチポチ押していくイメージです。これを見れば、ざっくりとやることは見えてくると思います。おそらく、この通り行えば1〜2時間程度でWordPressを構築できるでしょう。

スポンサーリンク

レンタルサーバの契約

FC2とかAmebaとかの無料ブログについてはサーバを意識する必要ありませんが、WordPressを導入するには、自分でレンタルサーバを借りる必要があります。

レンタルサーバといっても、何十社とサービスを提供している会社があって、値段も大小様々です。多分これを真面目に探すのだけでも数日かかるかもしれません。

かなり高額なものもありますが、たかがブログを表示させるだけであればそんなにハイスペックである必要がありません。ちょうどいい相場は月々1,000円程度かと思います。

まずはあまり細かいことを気にせずブログを始めるのであれば、WordPressが使えて、スペックもほどほどで、安定性がある「エックスサーバのX10プラン」をおすすめします。

ドメインの契約

ドメインとは、Yahooでいうと「www.yahoo.co.jp」のようなもので、自分のブログ専用のドメインを取得することが可能です。ちなみに私のブログでしたら「entrepapa.com」です。世界中の人が見るので、ブログにちなんだ英単語にするといいと思います。

なお、ドメインの取得もそこまで高くありませんが、実はお金がかかります。ドメイン取得は「お名前.com」とかがメジャーですね。

ただ実は今、先程の「エックスサーバ」で、無料でドメインが取得できるキャンペーンを行っています(2019/9/1現在)

エックスサーバを申し込みすると、サーバアカウント設定のメールが送られてきて、そこの記載されているインフォパネルにログインします。

無料お試しでは、ドメインの申し込みができないため、下記のキャプチャのように、まずは料金のお支払いを設定の上、ドメインを申し込む必要があります。申込後は、この先ずっと無料でドメインを使い続けることができます。

SSLの設定

SSLについては最近浸透してきて、説明しなくても分かる人が多くなってるかと思います。最近は「http://」ではなく、「https://」で始まるサイトが多くなって来ていると思いますが、これがまさにSSLです。簡単にいうと、通信が暗号化されて、セキュリティが向上します。

設定の仕方ですが、今度はエックスサーバから送られてくるメールに記載されている「サーバパネル」にログインしましょう。

サーバパネルを見ると色々設定項目がありますが、「SSL設定」を押して下さい。

続いてドメイン選択画面で、さきほど登録したドメインを選択します。
こんな感じで「設定済」になっていればOKです。私の時は、特に何も設定しなくても設定済になっていました。

もう一個設定があります。せっかくSSLが使えるので、もし「http」でアクセスされたら「https」にリダイレクトしてくれるように設定しておきましょう。

再びサーバパネルより「.htaccess」編集を選択し、先程登録したドメインを選択します。

下記の画面になったら、「# BEGIN WordPress」の上に下記のコードを貼り付けて下さい。間違えると、動かなくなる場合があるので慎重にお願いします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

その後、「確認画面へ進む」→「実行する」を押して下さい。これで完了です。

WordPressのインストール

さて、次はWordPressのインストールです。

先程のサーバパネルより、今度は「WordPress簡単インストール」を選んで下さい。ドメイン選択画面で、先程登録したドメインを選択して、ポチポチ進めると下記の画面がでると思います。

ここでブログ名を設定して、後ほどWordPressにログインするためのユーザ名、パスワードを設定して下さい。キャッシュ自動削除は「ONにする」、データベースは「自動でデータベースを生成する」を選択されていることを確認して下さい。その後「インストール(確認)」ボタンを押します。そして「インストール(確定)」ボタンを押してしばらくするとインストールが完了します。簡単ですね。

ここでWordPressにログインするためのURL等が表示されますので、控えておきましょう。

いよいよWordPressのログイン

ここまで来たら、いよいよWordPressにログインです。

先程控えたURLでログインしてみましょう。そうするとダッシュボードが表示されます。ここまでくれば、記事の投稿などを行えます。

せっかくSSL化をしたので、左側の「設定」→「一般設定」よりWordPressアドレスとサイトアドレスを「http」から「https」になおしておきましょうね。

このURLでアクセスすると、まだまだそっけない画面ですが、画面が表示されると思います。これから記事を投稿すると、ここにどんどん表示されます。

テンプレートの設定

上記まで作業をしましたら、ようやくブログを投稿できますが、そっけない画面かと思います。よりブログらしくするためテンプレートを設定しましょう。テンプレートは、そのブログのデザインそのものですので、膨大な種類があります。有料のものから無料のものまで幅広くありますが、まずは無料のものでいいかと思います。

本ブログでは、Cocconという無料テンプレートを使っていますが、今の所、特に困ったことはありません。むしろ無料でここまでできるんだと驚いております。

よければ、まずはCocconを設定してみてはいかがでしょうか。Cocconは下記のリンクからダウンロードできます。親テーマと子テーマがありますので、共にダウンロードしておきましょう。

インストールはとても簡単です。WordPressダッシュボードの左側の「外観」→「テーマ」を選択して下さい。

次に画面上部の「新規追加」を押し、さらに「テーマのアップロード」を押して下さい。そして先程ダウンロードした親テーマのファイルをアップロードします。

その後、「今すぐインストール」ボタンを押すと、インストールが完了します。インストール後は、Cocconの「有効化」ボタンを押して有効化して下さい。

子テーマも上記と同様にインストールをして下さい。これでテーマが完了します。その後ブログのURLにアクセスをすると、先程よりは本格的な画面が表示されると思います。

これでまずは本格的なブログのファーストステップが完了しました。Cocconは色々な設定ができますので、これから先は時間をかけて自分好みのブログを作り上げて見て下さい。まずは、デザインよりも記事をかきまくることをオススメします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Twitterでこのブログの最新情報をお伝えしております。
この記事を気に入ってくれた方は、ぜひこちらからフォローをお願いします!

ブログランキング参加しています!

WordPress
スポンサーリンク
アンパパをフォローする
アンパパブログ
タイトルとURLをコピーしました